ジーノ先生と「でん助」へ!

◎週末はグルメ特集です!今週はトンカツ!

 松江北高の新しいALTのジーノ先生(Genero Allen D’Arco、ニューヨーク出身、24歳)は、トンカツが大好きで、毎日学校出入りの「ひばり食堂」「トンカツ弁当」(500円)を頼んでは食べておられます。名古屋におられたこともあるので、矢場とん」の味噌カツは私と共通の話題です(⇒私の紹介記事はコチラ)。今日は期末試験の真っ最中で、現役生の授業はないんですが、6限に補習科の授業が入っているので、それまで暇な私は、お昼にジーノ先生を誘ってトンカツ屋「でん助」(松江市本郷町)に行ってきました。ジーノ先生の車に乗せてもらって、国道9号線の相生町交差点を北に曲がりすぐのところにある、パチンコ店の一階に入居しているトンカツ屋さんが「でん助」です。以前は、松江駅前の“懐かしの”ピノ(現「一畑百貨店」)に出店していましたが、ピノの閉店により移転、そして、現在の場所に移られたようです。創業30年以上。私は創業時から長く通っています。駐車場は店舗前かパチンコ店のスペースが利用できます。とんかつが無性に食べたくなったときに私が行くのが、この「でん助」と、学園通りの「かつふじ」(⇒私の紹介記事はコチラです)か、黒田町の名店「たていし」です(⇒私の紹介記事はコチラ)。これが、私のオススメする松江の「ベスト3トンカツ屋」さんです。

 テーブル席と座敷席があります。ここの「トンカツ定食」は、揚げたてで衣サクサクのトンカツ、味噌汁、キャベツの千切り、バナナ、ポテトサラダ、冷や奴、お漬け物に大盛りのご飯(地元産コシヒカリ)と、お腹がいっぱいになるくらい盛りだくさんの定食です。このボリューム感でたった800円と、実にリーズナブルなお値段です。ドレッシングは2種類から選びます。野菜と果物をたっぷりと煮込んでじっくりと寝かせた、お店自慢の甘すぎないタレは、マスタードを混ぜていただきますが、国産ロース肉との相性が抜群ですよ。ジーノ先生は、このトンカツソースが特にお気に入りでした。私自身は中でも、付け合せの「ポテトサラダ」が、手作り感たっぷりの昔ながらの味でとても美味しいと感じています。このお店、ジーノ先生にはいたく気に入ってもらったらしく、今度は家族やガールフレンドを連れて来る、と言っておられました。お店の方も、アメリカの人に喜んでもらえて嬉しそうでした。記念撮影です。食事をしながら、私が今興味を持って頭を抱えて悩んでいるある単語の使い方(cowardly)について、いろいろと議論していましたが、その内容についてはまた日を改めて。❤❤❤

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中