「由布院ステンドグラス美術館」

 「由布院ステンドグラス美術館」は、のどかな豊かさと香り高い文化を併せえた由布院の町に、平成8年10月1日オープンしました。この地は、はるか400年も昔にはキリシタンの桃源郷といわれ、当時から西欧の香りが根付いていました。今や年間400万人近くの観光客が訪れる「アートの町」ですが、このような歴史ある地で「光の芸術」と呼ばれるステンドグラスで、心に豊かさと安らぎをもたらすことが出来ればという目的で建てられました。ぜひお邪魔してみたい美術館でした。長崎「大浦天主堂」ステンドグラスも感動したのを覚えています。

 教会でよく見掛けるステンドグラスですが、最大の魅力はやはりなんと言っても、細やかな装飾です。光を通すことによって色鮮やかな景色を楽しむことができるという点もステンドグラスならではの魅力です。モチーフとなるものによって、様々な色を楽しむことができますし、気持ちも高ぶります。好きな色や落ち着く色であれば、日々のストレスを癒すこともできます。

 この美術館は、ヨーロッパの1800年代からのアンティークステンドグラスを展示した、日本で初めての本格的なステンドグラス美術館です。英国の佇まいを味わいながら、照明を通してのステンドグラスを見ることの出来る「ニールズハウス」と、数々の美しいステンドグラス・ウィンドウをその内部に取り入れた「聖ロバート教会」の二棟から構成されています。それぞれの展示室で、ヨーロッパのステンドグラスを歴史的に地域別に紹介しています。また、外観の建材や家具調度品に至るまで厳選された英国直輸入のアンティークで装飾されており、中には高名な作家の手による芸術品が数多く展示されていました。何百年も変わらぬ輝きを放ち続ける作品を英国の住宅そのものの雰囲気の中で、あるいは木のぬくもりのある厳粛な教会の中でゆっくりと鑑賞することができます(下の2枚の写真はHPより借用しました)。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中