指宿(いぶすき)枕崎線

 大好きな西村京太郎先生(88歳)の614冊目の最新作品が、知覧と指宿枕崎線の間』(KADOKAWA、2018年12月)です。西村先生がいつものように渾身の取材で書いておられます。テーマは「特攻」でした。あらすじは次の通りです。

 京王多摩川の河原で発見された、30代男性の刺殺体。現場で見つかった白い封筒の中には「大義」と書かれた紙が入っていた。十津川警部が捜査を開始すると、続けざまに20代のOL、60代の大学教授が死体で発見され、どちらの現場にも「大義」の文字が残されていた。十津川は被害者の過去を調べるうち、被害者の父親か祖父が戦時中に陸軍の航空機にかかわっていたという共通点に気づく。連続殺人犯の動機を辿り、捜査のために鹿児島・知覧へ向かう十津川。やがて、十津川は真犯人を炙り出すため、前代未聞の奇策を放つ!長編ミステリー!

 そこに出てくるのが、西鹿児島指宿を結ぶ特急「指宿のたまて箱」です。なんとも素敵なネーミングですね(唐池恆二前社長の命名。この方ネーミングの天才です)。鹿児島中央駅指宿駅で運行している人気の観光列車です。愛称は「いぶたま。2011年に運行を開始した、日本最南端を走行する列車です。私は以前、「第33回高校生英語弁論大会(第4位 ⇒コチラです)で宮崎に行く際、鹿児島中央駅のホームで、停車中にドアの所から白い煙を吐いているところを目撃して、一体これは何だ?!と不思議に思ったことがありました。指宿のたまて箱」は、薩摩半島に伝わる竜宮伝説をテーマにした観光列車です。鹿児島中央駅〜指宿駅までを結び、1日3往復運行しています。車両は旧国鉄の一般気動車キハ47形を改造したものです(キハ47・140形の2・3両編成)。車体の山側は黒海側は白という大胆なカラーリングです。車内では、リクライニング座席の他、海側を向いた回転椅子席、コンパートメント、サロンふうの区画などがあり、車窓からの景色を楽しむことが出来ます。名前は浦島太郎の「玉手箱」にちなんで付けられました。乗車時に玉手箱にちなんだ白い霧(ミスト)が出る仕掛けが人気です。この霧は、JR九州の唐池恒二社長(当時)が自ら指示した演出だったそうで、「鉄道に興味のない人でも乗りたくなるものをめざしている」そうです。「手間をかけなさい。手間をかけてこそいい企画につながる」が社長の口癖でした。「九州はマイカー文化です。また高速バスも発達しており、日帰りのバスツアーも盛んです。日常の移動に鉄道を使っていただけるのは5%強ほど。実は鉄道事業は赤字で、九州は少子高齢化のスピードが全国平均より早い。交流人口を拡大するには、観光に力を入れるしかない。苦しいからこそ始めたことです。新幹線によって縦の移動時間が短縮されました。南九州には良い観光地がたくさんあるので、スローな旅を楽しんでいただきつつ、観光地に到達していただこうと。ただし普通の車両なら、車を持つ方があえて乗ってくださるはずはありません。鉄道を選んでいただける理由、車では味わえない旅情をご用意しなければなりません」

 列車の外観は白と黒を基調としたデザインとなっており、車内では回転椅子やソファーシートに座りながら、車窓からの景色を楽しむことが出来ます。水戸岡鋭治先生デザインの車両らしく、チーク材や南九州産の杉材をふんだんに使っています。車窓から錦江湾や桜島を眺めることが出来、ゆふいんの森」号と同じように、客室乗務員が「フォトパネル」を使って記念撮影をしてくれます。車内の玉手箱の中に言霊(メッセージ)を書いて入れると願いが叶うとも言われています。❤❤❤

 彼らが待っていたのは、指宿枕崎線を走る観光特急、「指宿のたまて箱」である。観光客に人気があるらしい。何しろ、車体の半分を黒、半分を白に塗った奇妙な外観である。名前のたまて箱は、この指宿枕崎線沿線にある、薩摩半島の最南端の岬、長崎鼻が浦島太郎伝説の発祥の地として知られていて、それにちなんでの命名だという。観光客たちは、その列車を待っていて、乗り込んだ。十津川と早苗の二人も、指定席券を買って乗った。二両連結。特急では珍しいワンマンカーである。列車名の由来が浦島伝説の玉手箱にあることは、始発駅の鹿児島中央を発車した時に実感できる。玉手箱の煙よろしく、蒸気を噴射してから発車するからである。車内も、観光に徹している。チーク材を使った座席。一人掛けもあれば、四人掛けのボックス席もある。海側には子供席があって、そこは子供用の展望座席に作ってある。  (pp.108-109)

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中