行方八段四強!

 嬉しいニュースです。1月19日に名古屋市港区の「ポートメッセなごや」で開幕した、「第12回朝日杯将棋オープン戦」(朝日新聞社主催、優勝賞金750万円)の本戦で、行方尚史八段(なめかたひさし、45歳)が、1回戦(対菅井竜也七段)、2回戦(対久保利明王将)を連勝して4強入りを決めました。本戦は、予選を勝ち抜いた8人と、シードの8人の計16人がトーナメントで争うものです。前回優勝して、連覇が注目される藤井聡太七段も勝ち上がっており(この大会での連覇は第7回~第9回を3連覇した羽生善治九段のみです)、2月16日に、準決勝で行方八段との対戦が決定しました。準決勝の相手は、誰が勝ち上がっても年下になる。若手の時代が来ているが、意地を見せたい」と、行方先生は語りました。一方の高校生棋士・藤井七段は、「今年も準決勝の舞台で戦えることをうれしく思います。行方八段とは初対戦ですが、居飛車党の本格派の先生という印象があります。思いっきり、ぶつかっていけたらなと思います」と抱負を述べました。

 行方八段は、この大会で第1回の優勝者です。今回は2回目の優勝を目指しておられます。実は、行方八段には、以前に松江北高将棋部にご指導に来ていただいたことがあり、応援をしているんです。松江北高将棋部は、高文連の将棋大会団体戦で8連覇している強豪で、私が顧問をしていたとき、7連覇したときのご褒美に、行方八段に指導対局に来て頂いたんです。贅沢なプレゼントに、生徒たちはもうそれは大喜びで、駒落ち対局で勉強をさせてもらいました。ぜひ勝ち上がって、優勝してもらいたいと、私も部員一同も念願しています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中