ダイナマイト・キッド亡くなる

 「爆弾小僧」の異名を取ったレジェンド・プロレスラーのダイナマイト・キッド(本名トーマス・ビリントン)が、60歳の誕生日である昨年12月5日に亡くなりましたね。私はこのレスラー、大好きだったんですが。死因は不明で、近年は多くの病気にかかっていました。1958年12月5日、英国・ランカシャー州ゴルボーンの出身で、13歳の時からレスリングを始め、1975年にスカウトされてプロ入りしました。1978年にカナダのカルガリー地区に転戦し、軽量級のスターとして売り出されました。1986年4月の「レッスルマニアII」では、WWF世界タッグ王座を獲得したプロレス史に残る名レスラーでした。日本では1979年に国際プロレスに初来日し(当時の吉原代表は第二のビル・ロビンソンとして売り出すプランをあたためていました)、1981年4月23日の新日本プロレス・蔵前国技館大会(観衆8500人)では、初代タイガーマスク(61)のデビュー戦の相手を務めたことで、今までに見たことのない空中殺法を展開し、一躍日本のファンにもその名が知られ一大ブームを巻き起こしました。この時の相手がキッドでなければ、その後のタイガーの成功はなかったという点で、関係者の意見は一致しています。その試合では、キッドがキャンバスに90度の角度で叩きつけられるような高角度のジャーマン・スープレックス・ホールドで敗れたんですが、初代タイガーの魅力をいかんなく引き出して、自身も関係者から高い評価を受けました。スピード感あふれるファイトスタイルでファンを魅了し、初代タイガー藤波辰爾(64)のライバルとして活躍し、1984年には全日本プロレスに移籍。1991年12月に体力の限界を理由に引退を表明しましたが、1993年には、日本と英国で同時にカムバックを果たしました。しかし全盛期のような切れ味を発揮することはできずに、徐々にフェードアウトしていきました。日本では『G SPIRITS』Vol.28(タツミムック、2013年)「ダイナマイト・キッド 爆弾小僧よ、永遠なれ」の特集が、最後のインタビューとなりました。もう一度この雑誌を取り出して、ダイナマイト・キッド在りし日の思い出を懐かしみました。

  ボディスラムで叩きつけマット上に倒れている相手に向かって、コーナーポストから凄まじい距離を飛んで頭突きを入れる、代名詞の「ダイビングヘッドパット」や、タイガーマスクに頸椎損傷の重傷を負わせた「ツームストーン・パイルドライバー」などの必殺技で一世を風靡しました。今ではごく当たり前となっている、コーナーポスト上での攻防の先駆者でもありました。「俺はいつ死んでも構わない」という玉砕覚悟の、決死の闘い精神が観客にも伝わったのでしょう。対照的に、リングを下りた素顔は、控え室でも他の外国人選手とはつるまず、いつも一人でいる孤高のレスラーでした。

 引退後、筋肉質の肉体美を誇るために、ステロイド(筋肉増強剤)を使用していたことを告白し、2013年には脳卒中を起こして倒れ、他にも心臓などに疾患を抱えていました。肉体を酷使する激戦による後遺症と、薬の副作用に悩まされ、心身共にボロボロの状態でした。近年は他のレスラーとの接触も拒み、体調悪化のため車椅子生活で、施設で過ごしていました。初代タイガーマスク(佐山聡)は、「現状は知っていたので覚悟はしていましたが、私にとって偉大なライバルであるトニーが亡くなって悲しみに暮れています。今はただ、安らかに眠っていただきたいです」「初代虎としてのデビュー戦で対戦した昭和56年4月23日、劇的な出会いがありまして、私の鼻をへし折ってくれた最高のライバルでした。タイガーマスクがあるのはダイナマイト・キッドのおかげです。皆さんの脳裏に、ダイナマイト・キッドの名を焼きつけてください」と、哀悼のメッセージを寄せています。

 ついでに、タイガーマスクのデビュー戦のエピソードを追記しておきます。劇画タイガーマスクの原作者・梶原一騎氏と、新日本プロレスの過激な仕掛け人新閒 寿取締役営業本部長との間で、急ピッチで現実味を帯びたタイガーマスクの誕生にあたって、遠征先のイギリスで武者修行活躍していた佐山 聡タイガーマスクとして日本に呼び戻そうとする時、佐山は「こちらでは大変良くしてもらっていますので」と駄々をこね始めました。イギリス出国時にもハプニングが起りました。佐山は税金を払っておらず、手続きの不備で、ヒースロー空港で足止めがかかったのでした。ここで新間さんが、知己のある元首相の福田赳夫氏(第67代首相)に連絡を取り、外務省を動かして、日本大使館が処理をして無事出国させたのは有名な話です(今では考えられない大技ですね)。急に決まった決戦のコスチュームも緊急を要しました。試合当日のタイガーのマスクは、まるで猫みたいで、非常にお粗末なもので、ポスターカラーで虎柄を手描きしたものだという悪評でした(例えば井上讓二『昭和プロレス迷宮入り事件の真相』(宝島社、2016年)。蔵前国技館の花道にタイガーマスクが登場すると、客席から失笑が漏れたぐらいです。しかしこの「製作が間に合わず、虎の模様は手描きだった」という説は誤りであることが、ミスター高橋の最新刊『知らなきゃよかったプロレス界の残念な伝説』(宝島社、2018年)で明らかにされています。玩具メーカーの「ポピー」が製作したもので、もともとこうしたデザインで、模様も手描きではありませんでした。ファンたちから「猫マスク」と酷評されたために、次第にグレードアップして、ゴージャスな黄金の虎マスクに変更されていきました。この掛け値なしの名勝負であったキッドとの対戦は、「イギリスでは何度も対戦していた」ミスター高橋)という説と、「初対戦だった」小佐野景福、井上讓二)と、専門家の間でも意見が分かれています。いったいどっちが正しいんでしょうね?前揭の『G SPIRITS』によれば、1980年12月17日、イギリスでサミー・リーとして活躍していた佐山が、一度だけ里帰りしたキッドとタッグを組んだことがあるという記録が出ています。♠♠♠

【追記】 『週刊プロレス』12月26日号ダイナマイト・キッドの追悼号となりました。「ダイナマイト・キッドよ、永遠に 数々の伝説を残して―爆弾小僧、60歳の誕生日に逝く」と題する追悼グラフでした。本当に残念なレスラーの死でした。合掌。今日、新大阪駅で見つけたのが、『G SPRITS』の最新号。ダイナマイト・キッドの特集でした。キッドの甥っ子2人がプロレスデビューしているというニュース「次代に受け継がれた“爆弾小僧”のレガシー」伝えていました。帰りの新幹線の中で面白く読みました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中