「堀川遊覧」全国10位に!

 観光業界の専門紙を発行している旅行新聞新社(本社・東京都)が実施した「第2回プロが選ぶ水上観光船30選」に、地元松江城(松江市殿町)周辺のお堀を巡る「堀川遊覧船」2年連続で10位に入りましたね。全国の旅行会社の投票で順位が決まり、前回に続いて中国・四国・九州エリアで、唯一の上位10位入りです。全国的な知名度の高さを改めて印象づける結果となりました。松江のさらなる魅力発信に向け、関係者一同が意欲を高めています。

 「水上観光船30選」の審査対象は、「定期運行で個人が乗船可能な全国の水上観光船」です。乗船の魅力や楽しさを伝え、観光業界を盛り上げようと企画されたもので、全国の旅行会社やその支店など計1万6095カ所に、クルーズ船を含む海、湾、湖、川で運航する観光船の中から一つずつを推薦してもらい、投票結果を集計したものです。

 松江市観光振興公社が運航する「堀川遊覧船」は、松江城の周囲のお堀約3.7キロのコースを、屋根付きの小型船に乗って約50分で巡ります。船頭による城下町の歴史変遷の紹介をはじめ、自慢の舟歌もあり、今年は船上で抹茶を楽しめる新しい試みもあり、乗船客を飽きさせない取り組みを続けていました。最近では、松江市内の小学校の総合学習の教材としても利用されているそうです。4月までは、名物となっている豆炭の「こたつ」を備えた船を運航しています。低い橋桁にさしかかると、屋根が自動でスルスルと低くなって、見事に橋を通過できると、観光客から歓声が起ります。

 同公社の乙部明宏専務理事は、「2年連続の10位は船頭たちのおもてなしの結果だ。乗船をきっかけに松江の良さをもっと知ってもらえるよう、さらに上位を目指す」「全国的に知られた遊覧船と肩を並べる結果。歌や独特の観光案内で客をもてなす船頭らや、地域の皆さんの支援のおかげです」と、喜びを語りました。

 1位は、2年連続で「最上川芭蕉ライン舟下り」(山形県)でした。今回の上位7社は、前回も上位10社に選ばれた会社です。松江に来られたらぜひ乗ってみてください。

第1位   最上峡芭蕉ライン観光(山形県 最上川芭蕉ライン舟下り)

第2位 シーライン東京(東京都 東京ベイ・クルージングレストラン)

第3位 東京ヴァンテアンクルーズ(東京都 東京湾クルーズ)

第4位 猊鼻渓舟下り(岩手県 猊鼻渓舟下り)

第5位 保津川か遊船企業組合(京都府 保津川下り)

第6位 晴海屋(東京都 東京湾屋形船)

第7位 十和田観光電鉄(青森県 十和田湖遊覧船)

第8位 丸文松島汽船(宮城県 松島湾遊覧)

第9位 道東観光開発(北海道 知床観光船おーろら)

第10位 松江市観光振興社(島根県 堀川遊覧船)

 以前に、私の津和野高校時代の教え子と、この遊覧船に乗った楽しい想い出はあるんですが、彼は若くして病魔に犯され亡くなってしまいました。可愛がっていた生徒だっただけに、とてもショックな出来事でした。この遊覧船を見ると、その彼のことを思い出してしまうので、あれ以来、私は乗っていません。⇒その悲しい思い出はコチラ

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中