煉瓦倉庫「ナガサワ」

▲三宮のナガサワ文具センター 圧倒的な品ぞろい!

 神戸で一番の文具の揃う、三宮にあるお店「ナガサワ文具センター」へは、前回神戸に行った時に訪問しました。圧倒的な品ぞろいにはビックリしましたね。明治15年の創業以来、1世紀にわたりステーショナリー専門店として親しまれています。そこで今回は、ハーバーランドにある 神戸煉瓦倉庫」内にある支店「神戸煉瓦倉庫ナガサワ」店を目指しました。ところが、このお店の場所がさっぱり分からない。ガイドブック・地図を頼りに、町の人に聞き聞き歩いたんですが、誰も知っている人がおらず、近辺を行ったり来たりグルグルと歩き回っておりました〔笑〕。かなり歩き回りましたね。ようやく工事現場の人に教えて貰い、たどり着いた次第です。1890年代後半に建てられた2棟の貨物倉庫に、7店のレストラン&ショップが入っています。倉庫の名残の残るノスタルジックな空間で、ハイセンスな時間を過ごすことが出来そうです。私が目指した「NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店」は、昨年の12月でオープンから6年目を迎える支店です。

 港の方まで向かうとレンガっぽい建物が見えてきます。横浜の赤レンガのような大きさはありませんが、港に寄り添う小さなレンガ倉庫という感じで、雰囲気がいい感じです。倉庫の間を入っていくと「NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店」があります。お店はこんな感じでした。お店の内側もレンガ張りでものすごく落ち着いたいい雰囲気です。お店の中には所狭しと文房具や雑貨が置いてありました。万年筆を始めとしてペンやインクがメイン商品のようではありますが、普通の町の文房具屋さんに比べると、置いている品々はちょっと変わったものが多いです。神戸煉瓦倉庫店」でしか手に入らない限定商品も多数ありました。文具ワールドが広がっています。

写真5

 実は、このお店を目指したのには訳がありまして、それが下のオリジナル・クリップです。ナガサワ」のオリジナル商品です。神戸開港150周年、ナガサワ文具センターの創業135周年を記念して商品化された、特製のクリップです(10個入り300円)。神戸港のシンボルである「神戸ポートタワー」がモチーフとなったゼムクリップです。親切な店員さんに教えてもらいました。2種類のパッケージがあります(中身は同じですよ)。日頃膨大な書類を扱う私は、クリップには目がないんですよ。どこの地でも文具店にお邪魔してまず最初に足を運ぶのが、クリップのコーナーです。私が日頃好んで使っているのは、サークル・クリップ(円形)ですが、残念ながら、今ではもう入手困難で、今まで大量に買い溜めていたものを使い潰しています。なくなったら終わりです。各所で探しているんですが、どこにも扱っているところはないみたいです。このナガサワのクリップは、長さ(13mm)があるので、頼り甲斐のあるクリップです。神戸のお土産にもなりますね。チョット珍しいでしょ?

 文房具や雑貨が好きな人には、堪らないお店でした。「NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店」は、文房具好きだけでなく、雑貨が好きな方なども、ぜひぜひ行って欲しいお店です。親切な店員さんとも話がはずみ、とてもいい時間を過ごすことができました。またゆっくりとぜひ行きたいなぁー。❤❤❤

カテゴリー: 文房具 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中