米子東高校に予備校が!

 鳥取県立米子東高等学校(米子市勝田町)の同窓会などが、この4月、同校内にある同窓会館に予備校を開設します。浪人生の県外転出や、自宅浪人増加を避けるのが狙いです。県西部の高校卒業生を対象に50人程度を受け入れ、志望大学への再チャレンジの機会を提供するのが狙いです。この予備校は、同校の同窓会を中心に、PTAなどが加わって組織するNPO法人が運営し、校名は「勝田ケ丘志学館」(かんだがおかしがくかん)で、米子東高山根孝正前校長が館長を務められます。このニュースが、最近、新聞報道されました。同窓会のHPには、この予備校の詳細が発表になっています。⇒コチラです

▲『日本海新聞』1月19日付

▲『山陰中央新報』1月25日付

 米子東高校には、1960年から「専攻科」という浪人生クラスがあったのですが、「官から民へ」の流れの中で、2012年度末に廃止されていました。浪人者数は、横ばい状態であるにもかかわらず、同校では、県外の予備校や自宅浪人を選択する生徒が年々増加していたといいます。これらの生徒たちを支援し、保護者の経済的な負担を軽減し、高い学びへの志を持って大学進学へ立ち向かうことができる環境を整備しよう、という目的で準備・計画されたものです。山根館長は、「日本海新聞」(1月19日)の取材に応えて、高校と同じリズムで通え、地域の仲間と支え合いながら目標に向かって進める環境が整う。質の高い授業も提供できる」と、話されました。

 実は、4月から私も、この学校にお手伝いに行くことになりました。米子東高校専攻科時代には、何度か授業もさせていただいたご縁もあり(⇒授業の詳しい様子はコチラです)、英語を担当させていただくことになりました。生徒さんたちの志望校合格実現に、少しでも貢献できるように頑張りたいと思っています。久々の電車通勤です。「質の高い授業」を目指し、新しい挑戦になります。退職前にひたすら思い描いて楽しみにしていた悠々自適の生活とは、なかなかなりませんが、「ご恩返し」と思って頑張ろうと思っています。❤❤❤ 

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中