「一太郎2019」

 2月8日(金)に、ジャストシステムより日本語ワープロソフトの最新版「一太郎2019」が発売になりました。私の家にも同日届きました。私はマイクロソフトの「ワード」ではなくて、「一太郎」の長年のファンで、ずっとこのソフトを買い続けています。⇒例えばコチラ  このソフトのマニアといっていいくらいの熱狂的な愛用者で、これとグラフィックソフトの「花子」さえあれば、ほぼどんなに入り組んだ文書でも作ることができます。私の作る手の込んだレイアウトの「センター対策本」や英語教材、かつての学級通信「あむーる」は、全てこの2つのソフトで版下を作成していました。必要な「部品」等もずっと買い集めてきました。年季の入ったユーザーです。

 今回の「一太郎2019」のバージョンアップで、新機能となるのは、(1) 文書内の不整合を見つけ出す「略称チェック」、(2)変体仮名への対応、(3)注釈の活用度を高める「脚注参照」、(4)本文レイアウトを美しくする「行取り」、(5)冊子感覚の「見開き表示」、(6)公開文書の作成前の「ドキュメント検査」、(7)漢字絞り込み変換、(8)地名の入力支援、(9)文書が引き立つ高品質の「秀英体」全8書体、(10)『日本語シソーラス』(第2版)&『明鏡国語辞典』(第2版)などです。その他にも、細かい点いたるところがバージョン・アップされていることに気がつきます。私は何よりも罫線機能が「ワード」よりも圧倒的に簡便なこと、「モジグラフィー」など文字のレイアウト機能・飾り機能が豊富であることが気に入っています。

 私が長年重宝している「花子2019」も、(1)カバー・帯の同時作成機能、(2)最大500回のバックアップ機能、(3)新しいイラスト部品が560点追加など、多機能でありながらやさしい操作性のグラフィックソフトに、一層の磨きがかかりました。総務時代には、これを使って、校舎の見取り図やオープンキャンパスの案内図、避難訓練の経路図など、入り組んだ図形文書の作成に大活躍したものです。

 さあ、これでまた新しい教材・資料作成に取りかかります。あ、そうそう、今回予約者プレゼントとして、一太郎ロゴ入りオリジナル「コットンポケッタブルトートバッグ」が付いてきました(写真上)。コンパクトにたためるホック付きで持ち歩きも楽々ですから、今度の旅行に持って行こうと思っています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中