「坂の上の雲ミュージアム」

 四国・松山市のまち全体を、フィールド・ミュージアムとする構想の中核施設としての役割を果たしているのが、「坂の上の雲ミュージアム」です。建物は、城山公園と市街地の境界部分に位置していて、来館者は、三角形を描くスロープでつながれた展示室を、回遊式庭園を楽しむように上がっていくように設計されています。外壁の一部がガラス張りで、反射する周囲の景観を楽しむことができます。2つの三角形を重ね合わせた独特の建物の設計は、あの有名建築家・安藤忠雄(あんどうただお)さんによるもので、スタイリッシュな館内には、司馬遼太郎さんの小説の主人公である、松山が生んだ偉人でもある秋山好古・真之兄弟、また文人・正岡子規ゆかりの資料を展示しています。松山と近代日本、日露戦争の歴史がわかる展示スタイルになっています。私は、安藤忠雄さんの建築が大好きで、全国の彼の設計した建物を巡っているんです。これも私の数ある趣味(例:全国の特急列車を制覇、全国の水族館を制覇、珍しい文房具の収集、世界中の珍しいトランプの収集、パケット・トリックの収集等々)の一つなんです。

 「坂の上の雲ミュージアム」は、司馬遼太郎さんの小説『坂の上の雲』に因む展示が充実した博物館です。明治時代の松山の風景や、3人の主人公、秋山兄弟正岡子規に関する写真や作品、日露戦争と松山に関わる歴史的な展示などが展示されています。構造は2階から4階になっており、2階は『坂の上の雲』の小説や明治時代に関する書籍が閲覧できるライブラリースペース、コンサートやイベントなどができるホールになっています。小説の世界がわかるのは3階からで、ここでは近代国家へと進む明治時代の流れや背景を、展示品やギャラリーで見ることができます。4階では、『坂の上の雲』の主人公である3人のエピソードやゆかりの資料が展示されています。このように、「坂の上の雲ミュージアム」松山市全体を「屋根のない博物館」に見立てて、松山全体に広がる、観光資源にスポットを当てる役割があるといってもいいでしょう。言うなれば「坂の上の雲ミュージアム」の展示施設を通して、各スポットに実際に訪れるガイダンスの意味を持っていますから、松山観光の、最初に訪れてみるのがいいのかなと思いました。私はここから松山城に向かいました。歩くのが大変でした〔笑〕。

 私がここで一番感銘を受けたのは、3階から4階のスロープに展示されている『坂の上の雲』の新聞連載の壁でした。全1296回(1968年4月22日~1972年8月4日)にわたって、『産経新聞』紙上に連載されたものを壁一面に全て展示しています。その迫力には圧倒されたことです。

 さて、ここに展示されている秋山好古、真之兄弟は、松山藩の貧乏士族の息子でした。兄の好古は、官費で勉強できるからという簡単な理由から陸軍に入ります。軍に入ってからも自分の志望とは関係のない成り行きのようなものから騎兵を選びます。その彼が、日露戦争で多くの勲功を立て、「陸軍騎兵の父」とまで言われるようになります。一方、弟の真之は、貧乏士族だったために大学に行けず、学費の要らない学校に行けと言われて海軍兵学校に入ります。首席で卒業した後、アメリカに留学して戦略・戦術について学び、日露戦争が勃発するや、連合艦隊の参謀として出征して、ついにはバルチック艦隊撃滅に成功します。二人とも最初から軍人を目指していたわけではありませんでした。たまたま与えられた場所で、命がけで努力した結果、あれだけの武勲を立てることができたのです。これは覚えておいてよい教訓だと私は思っています。自分の適性云々を必要以上に気にしてしまいがちですが、大切なことは、思い悩んで右往左往するよりも、与えられた場所で精一杯頑張っていれば、そのうち自然に素質は表に出てくるものです。二人は、たまたま」を天性にまで伸ばした兄弟だったということです。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中