『LIFE-SIZE2018』

 今日夕方、小田和正(71歳)さんの『LIFE-SIZE  KAZUMASA ODA 2018』が届きました。『LIFE-SIZE』というのは、小田さんの1年間の活動をまとめたDVDで、小田さんのファンクラブであるファー・イースト・プレス」会員だけが購入できるものです。毎年、1月~12月までの音楽活動を撮影した映像を、小田さんご自身も編集に参加して、いつもこの時期に届けてもらいます。近年は2時間越えの超大作となっているんですが、今年のものはなんと157分もありました。主に、昨年行われた全国ツアー「Encore!!」の各会場を追いかける構成となっていました。ツアーのコーラス・ワークを入念に練習する姿が印象的でした。早速、八幡家のリビングの65インチのプラズマ・テレビで観ました。実に見応えがありましたね。

 この中で、特に印象に残ったことが2つありました。1つは、いきものがかり」水野良樹さんのプロデュースをする中で、水野さんが小田さんに「歌詞に「風」がよく出てきますね」と問いかけました。確かに小田さんの歌には、「風」が頻繁に出てきますし、ご自分でも「風好き」を認めておられます。小田さんファンなら、よくご存じのことで、新曲が出る度に「あ、また風が出てきた」と感じることが多いんです。私も退職前に、長年スクラップ&ファイルしておいた昔の小田さんのインタビュー記事を整理していたら、その中に、小田さんの原点の発言が出てきて納得しました。この思いが小田さんを『風』好きにさせたのかもしれません。水野さんと小田さんのこのコラボ曲「You」コチラでチョコットだけ聴くことができます。

 風を意識しているところはあるね。風をどう表現しようかとか。中学・高校と野球部にいて外野を守っていたんだけど、外野手って退屈なんだよ。なかなか球も飛んでこないし。そのときいちばん感じるのは風なんだよ。ずーっと風が吹いてて、顔の角度を変えると、風の音が大きく聞こえたり。風といるという感じがしたね。

 今回の水野さんの問いかけに対して、小田さんは自ら「風好き」を認めた上で、「風はいろんなものを運んできてくれる、思い出などを…」 それが好きなんだと語っておられました。そういうことなのね。❤❤❤

◎『クリ約』中止の真相が…

 もう1点。昨年末の「クリスマスの約束」が中止になったのは、とっても残念だったんですが、その舞台裏が全て明らかになりました。この番組のTBSプロデューサー阿部龍二郎さんとのミーティングを重ねる様子が、初回から映し出されていましたね。全国ツアーの厳しい日程の合間に、練習する時間が取れないという懸念と危機感を抱く中で、徐々に日程が近づくにつれて、『誤魔化すことはできない』『クォリティを下げることは…』と言う小田さん。いつもなら食い下がる阿部さんも、今回だけは理解を示し、譲歩する姿がとても印象的でした。そんな中で中止・延期して、先日放送されたのが、「風のようにうたが流れていた」だったんですね。中止して正解でした。⇒番組の私のレポートがコチラです❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中