「あべのハルカス(展望台)」

 「あべのハルカス」は、大阪市・阿倍野区に立地する超高層ビルです。2010年(平成22年)1月9日に着工され、2014年(平成26年)3月7日に全面開業しました。日本で最も高いビルで、日本初のスーパートール(高層ビル・都市居住協議会の基準による300m以上の超高層建築物)でもあります。2017年には、グッドデザイン賞」を受賞しています。もともとは、近畿日本鉄道の前身である大阪鉄道が大阪阿部野橋駅構内で、1937年(昭和12年)から営業を行ってきた阿部野橋ターミナルビル旧本館(百貨店西館。久野節による設計)の建替計画により建築された建物で、建築規模は高さ300m、延床面積21万2,000㎡、地上60階・地下5階。「横浜ランドマークタワー」(高さ296m)の高さを抜き、日本一高いビル」の称号が大阪に移りました。総事業費約1,300億円をかけ高さ300mの超高層ビルとなりました。300mとした理由については、切りの良い数字であり、日本初のスーパートールになることと、高さ制限が青天井ではいずれ抜かされるところまで考慮したものであり、記者会見で、近鉄の岡本直之副社長(当時)は「平成の通天閣として親しまれるビルにしたい」と意気込みを語りました。ビル名称の「ハルカス」は古語の「晴るかす」に由来しています。この言葉には「人の心を晴れ晴れとさせる」という意味があり、ビルの上層階から晴れやかな景色を見渡して爽快感を味わえることや、多彩で充実した施設で来訪者に心地よさを感じてもらいたい、という思いが込められているのでしょう。なお、地名は「あべの」ですが、これに関しては「大阪」「天王寺」「上方」などの案もありました。しかし、日本一の超高層ビルになることで、知名度を上げていけるのなら「あべの」を全国区にしたいという意図により、「あべの」が採用されました。

  屋上空間には緑地空間が設けられ、周辺の公園施設と協調して、緑のネットワークを形成するほか、建物内部では吹き抜け空間を利用した「光と風の道」を創出することでエネルギー消費量を低減する、などの最新環境対策が取られています。あべのハルカス」の低層階には近鉄百貨店(あべのハルカス近鉄本店)と、美術館(あべのハルカス美術館)、中層階にはオフィス、高層階にはホテル(大阪マリオット都ホテル)や展望台が入居しています。施工場所は道路・鉄道が複雑に入り混じる交通の結節点であることに加え、百貨店の東館(ターミナルビル新館・現:ウイング館)を営業しながら、立体的に複雑な構造の超高層ビルを敷地一杯に建設するという工事であり、施工した竹中工務店の作業所長に「日本一難しい現場」と言わしめるほどの難所でした。

 「あべのハルカス」は、2014年に開業した日本一高い高層ビルとして、高さ300メートルもの高さから、大阪市の絶景を見渡すことができます。ちなみに、この高さはビルとしては第1位ですが、タワーを含めても第3位の高さを誇ります。第1位が「東京スカイツリー」の634メートル、第2位が「東京タワー」の332メートルです。ちなみに「あべのハルカス」ができるまでは、「横浜ランドマークタワー」の295メートルが第3位でした。この「あべのハルカス」は、商業施設とオフィス、ホテルが入る複合商業ビルですが、その最上階である58階から60階が、あべのハルカス展望台」として、大阪から京都、更には四国兵庫あたりまで見渡すことができる大パノラマを堪能することができるのです。今日は、日本一の高さのビル、関西随一の絶景を誇る、あべのハルカス展望台」をご紹介しますね。私は昨年末に上がってきました(実は高所恐怖症なんですが…)。

 「あべのハルカス展望台」(1500円)の魅力は、大阪市内だけではなく、京都兵庫、更には四国までも見渡すことができる大パノラマを堪能できる点にあります。この大絶景ですが、単純に展望台として楽しむ以外にも、周囲を絶景に囲まれた空間の中で、食事を楽しめるレストランや、天空庭園などもあり、さまざまな見所が存在します。

 「あべのハルカス展望台」の最大の見所が、最上階である60階、地上300メートルから眺める天空の絶景ですね。地上300メートルの高さと言われてもなかなか体感しないことには想像がつきませんが、眼下に広がる景色は、大阪の中心的な存在である大阪城などの市街地だけではなく、遠く大阪湾や京都、更には兵庫の六甲山、比叡山、などを見渡すことができます。また、天気が良ければ明石大橋から淡路島を経て四国、瀬戸内海まで見ることができるのです。眼下には大阪の高層マンションがはるか下に広がり、地上300メートルの高さがどれほど高いのかを実感出来ました。この地上60階は、周囲を強化ガラスの窓で取り囲まれ、一周できる構造になっており、この「天空回廊」といわれる吹き抜けのフロアを一周するだけで、大阪を中心とした周囲の絶景を目の当たりにすることができるのです。ちなみにこの吹き抜けの下には58階の「天空庭園」が一望できます。実に雄大な眺めでしたよ。

 60階の「天空回廊」の吹き抜けからすぐ下に見えるのが、58階の「天空庭園」とカフェレストランです。この58階にある「天空庭園」は中央にウッドデッキを備えた周囲に盆栽などの植物が植えられています。この「天空庭園」のウッドデッキではイベントが開催されたり、暖かい季節には周囲の眺めを楽しみながらくつろぐのに最適な場所といえるでしょう。併設されているカフェレストランの食事も楽しむことが出来ます。カフェレストランは「SKY GARDEN 300」というカフェバーで、全部で120席あり、お昼のランチから夜の食事、お酒まで対応しています。

 60階の最上階と58階の「天空庭園」の間にあるのが59階で、こちらが帰りの出口です。この59階にはショップがあり、ハルカス300グッズなどのお土産を購入することが出来ます。実にいろいろなグッズが販売されていました。

 「あべのハルカス展望台」の見所の一つとして、もう一つご紹介したいのが高速で高さ300メートルまで上がる「エレベーター」です。地上16階から60階まで上がる2台のエレベーターは、なんとその速度は分速360メートルもの超高速で、約50秒で60階まで直通運転します。シースルータイプのかご室と、昇降路内に設置されたLED照明により、エレベーターが昇降する際には、光で演出された空間を体感できるようになっています。こちらも「あべのハルカス展望台」の大きな見所の一つと言えるでしょうね。

 「あべのハルカス」は、商業施設とホテルなどが一体となった複合商業施設であるため、展望台へアクセスするためには、専用の「入場フロア」である16階まで行く必要があります。様々な施設が入っており、展望台への入り口は少しわかりにくいのですが、入り口であり当日券販売所である16階には直通エレベータがあり、地上2階、地下1階からそのままアクセスすることが可能です(JR天王寺駅からすぐ)。その後、16階の「チケットカウンター」で当日券を購入し(私は美術館との共通券を購入しました)、一気に60階まで上ることが出来ます。最上階である60階のさらにその上には、ヘリポート」が設けられています。この「ヘリポート」には、見学ツアーが用意されており、その全貌を目の当たりにすることができます。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中