10連休

 いよいよゴールデンウィーク(今年は皇位継承に伴い10連休)が始まりましたね(golden weekは元々映画興行界の用語が起こりと言われますが、英米にはこのような習慣はありませんから「和製英語」で通じません。説明してあげる必要があります。日本に滞在経験の長い英米人はよくご存じで、私の知り合いのALTなどはよく使っています)。先週、いつもお世話になっている「日本旅行」の教え子をのぞいたら、ものすごい予約状況だそうです。国内線・国際線・JRグループの鉄道も、ここ10年で過去最高の予約率。北海道・沖縄・東北・北陸・中国四国・九州方面が人気だそうですよ。JTBの推計では、このゴールデンウィーク期間中の国内と海外を合わせた旅行者数は、1.2%増の2467万人で過去最高になる見通しです。国内旅行者数は2401万人で1.1%増とか。JRグループ6社では、新幹線や特急列車の指定席の予約席数が6割も増えたそうですよ。島根県の観光地では、出雲大社とその周辺が45万人、松江城周辺と松江フォーゲルパークなどが17万人、県立島根海洋館アクアスが6万5000人と予想されています。

 さて私も毎年この時期には、必ずどこかに旅をしています。昨年はUSJでした。⇒コチラです 一昨年は由布院です。⇒コチラです さて今年は…?なんと毎日、米子東高内に新設された「勝田ケ丘志学館」に授業に行きます。旅行は一切無し!こんなことも珍しいことです。この期間中も毎日授業が組まれているんです。志学館」の一日は午前8時に始まり、平日は午後7時まで、土・日は午後6時まで。休みは年末年始とお盆休みのほかは月に1,2日程度です。信じられないようなハード・スケジュールですね(このハードスケジュール」ははたして多くの辞典が言うように「和製英語」でしょうか?私の回答はコチラです)。英語はかき入れ時です。今、『勉強の仕方』を徹底して叩き込んでいる所で、センター試験、長文読解、英作文、文法・語法をテーマに、どういう勉強をしたら成績が伸びるのかを、一生懸命語っている所なんです。

▲『朝日新聞』4月21日付け(鳥取版)

 『朝日新聞』4月21日付け(鳥取版)に、志学館」が大きく取り上げられ、二人の生徒がインタビューされていました。最初はスケジュールがきつかったが、いまは慣れてきた。自分の意思の弱さもあって浪人になったと思うので、どうしても勉強しなければならない環境があるのは私にとってはいい」「各教科ごとに適切な勉強方法から学べる。規則正しい生活習慣が自然に身につき、受験に向かって仲間と一緒に頑張れる一体感があるのもいい」 いいことを言っています。こういう生徒たちの思いを受けとめての連休出校です。旅行に行けないのは残念ですが、チャレンジを後押ししてあげたいと思っています。『内外教育』4月9日第6741号にも、山根孝正館長の思いが大きく取り上げられました。今各所で注目されています。❤❤❤

▲『内外教育』で思いを語る山根孝正館長

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中