「かしわうどん」

◎週末はグルメ情報!今週はうどん! 

 小倉駅に着いて門司港行きの電車に乗るために降りたのが、⑦・⑧番ホームでした(私の大好きな特急「ソニック」のホームです)。そのホームの中ほどに、かしわうどん」の立ち食い店(北九州弁当(株)が運営)があって、結構な人が食べていて美味しそうだったんです。九州には有名な駅うどんが2軒あり、1つが鳥栖駅「中央軒」、もう1つがこちらの小倉駅のうどん屋さんです。漫画の「クッキングパパ」でも紹介されているので、ご存知の方も多いかと思います。鳥栖駅「かしわうどん」は、歌手のさだまさしさんが大好きで有名ですね。このときは時間がなくて、食べることができなかったんですが、帰りに下関を回って小倉駅に着いたときは絶対に食べようと狙っていました小倉駅の中には、①・②番ホーム、③・④番ホームにも同様のお店があり、改札内の連絡通路にもありました。後で聞いたところでは、小倉駅の立ち食いうどんでは、この⑦・⑧番線ホームのお店が、一番人気なんだそうですよ。なんと「創業明治24年」とありますね。ということで、再び⑦・⑧番ホ-ムにてくてくと降りていきます。ホームに降りる前からとってもいい香りが漂っています。改装されたばかりできれいなお店です。

 自動販売機で食券を買います。かしわうどん」(390円)と、「いなり」(50円)です。列車のせわしい時間待ちの立ち食い店らしく、あっという間に出てきます(1分もかからなかった)。透き通ったうどんのつゆは、かつお昆布をベースに鶏もも肉でだしをとった秘伝の甘めの濃厚なつゆ。そのつゆに沈む白い麺は、コシとは縁遠い柔らかい歯触り。この麺が旨いつゆを含んでさらに柔らかになるのですが、それがまた美味しいんです。そして細かく刻んだかしわ肉を甘辛く炊き上げた自慢の『かしわ』がまた絶品でした。ネギもシャキシャキして美味しかった。「いなり」ずしもいい味出していました。電車へ持ち込みをご希望の場合は、プラス30円でプラスチック容器に入れテイクアウトもできます。甘辛く煮た鶏肉と柔らかい麺の組み合わせは絶品で、うどんつゆも最後まで飲みたくなる美味しさでした。この立ち食いうどん店、要チェックですよ。小倉に来たら必ず立ち寄ります。❤❤❤

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中