『LEAP』を採用

 竹岡広信(たけおかひろのぶ)先生の画期的な単語集『LEAP』を、私の行っている米子東高内の「志学館」で採用しました。もう一度原点に戻って、徹底的に単語を鍛えてあげようと思っています。米子東高校出身の生徒たちは『ユメタン』を使って語彙指導を受けてきたようですが、単語があまり定着していません。英語学習の8割までは語彙の学習」が持論の私としては、何とかせねばいけないと思っています。そこでこの単語集です。数研出版の営業の方のお話によれば、昨年秋に出版されたこの大部な単語集はすでに6万部が出ているとのこと。一緒に出ている『活用ノート』も含めると10万部を超える大ヒットのようです。それもそのはず、私はこの本が出たときに、すぐさまこのブログでその「理想的な単語集」としての素晴らしさを取り上げています。⇒コチラです  英語科の先生方にもすぐさま下記の回覧文書を配布しました。ダウンロードサイト」に登録しておきます。

・北高英語科に配布した『LEAP』を薦める文書  八幡成人 ⇒コチラで読むことができます

 竹岡先生には、ずいぶん喜んでいただいて、お電話をいただいたり、サイン本がたくさん送られてきましたので、早速、英語科の先生方に配っておきました。感激しておられました。何人かの先生からは「使いやすい」「勉強になる」とのコメントをいただいています。先日、ラーンズの編集会議で、この本を話題にしたところ、「どこがすごいのか、例をご紹介いただけませんか?」という質問が出たので、私は、relative(親戚、親類)という語を取り上げて説明をしたところです。興味のある先生方は、ぜひ使っておられる他の単語集と引き比べてみてください。竹岡先生の学識を感じるところです。詳しくはこのブログでも近日中に取り上げる予定です。1ページ1ページ読みながら、ずいぶん勉強をさせていただいています。音声もダウンロードできるようになっていますし、1問1答式の単語アプリも好評です。附属の『活用ノート』(1,2,3と3冊が用意)を使えば、さらに単語の記憶が強化されることでしょう。❤❤❤

▲これも効果的

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

『LEAP』を採用 への1件のフィードバック

  1. Kenta Sakuno より:

    先生の教材に対する評価は、詳しく理由づけしてあり、とても参考になります。英語長文や英作文の教材に関する評価もぜひお聞きしたいです。

Kenta Sakuno にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中