似顔絵アーティスト

 門司港にある「プレミアホテル門司港」の正面玄関を左に出ると、海沿いに門司港レトロ「海峡プラザ」があります。門司港ならではのお土産物、地元の海産物、雑貨、お菓子類などバラエティに富んだ品揃えが売りです。シーフードをはじめとしたグルメなレストラン街、オルゴール・ミュージアムなどもあります。ここの2階には「トリック3Dアートミュージアム」があって、私のお気に入りの施設なので今日も行ってきました。以前来た時にはなかった新作なども見終わって入り口を出ると、正面に似顔絵のコーナーが設置されていました。店頭に飾られたたくさんの色紙を見ると、実にリアルにデフォルメされたカラフルな似顔絵(特に「ヒョッコリハン」のもの)で感心しました。似顔絵師の「未知留」(みちる)さんです。後はホテルに帰って夕食を取るだけで、時間もあったので、そこで1枚描いてもらうことにしたんです。似顔絵を描いてもらうのは、北高の卒業生の土井遼太(どいりょうた)くんに描いてもらって以来でしょうか(私のセンター本の似顔絵は彼の作品です。⇒コチラです)

    描いてもらっている間は、世間話をしながら筆が進んでいきます。絵の世界の厳しさなどを話題にしながら、数種類の色鉛筆やポスターカラーなどを巧みに使い着々と完成に近づきます。彼女はその昔、少女雑誌「なかよし」で漫画家の活動をしておられたそうです。漫画サークルの仲間から似顔絵師になることを勧められて、3年が経ちました。毎日が勉強だと言っておられましたよ。これからも、生涯現役を目指し頑張りたいとのことです。完成した私の似顔絵がこちらです。気に入ったので、チップをはずんで会場を後にしました。未知留」さんの作品の数々はコチラのホームページで見ることができます。ありがとうございました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中