倉敷らーめん「升屋」

◎週末はグルメ情報です!!今週はラーメン!  

 倉敷ラーメンを食べるならココ、という評判を聞いて、一度行ってみたいと思っていました。「升屋」(ますや)というお店です。倉敷駅からタクシーで向かいますが、「美観地区」にはこれ以上入れないということで、入り口で降ろされてしまいました。テクテクと地図を片手に歩きますが、複雑に入り組んでいてよく分かりません。人力車のお兄さんがおられたので、お尋ねすると親切に教えて下さいました。こんな細い道を入っていくんだ。「奈良萬の小路」(ならまんのこみち)と言うんだそうです。江戸時代の老舗旅館を古民家再生し、白壁と木の温もりを活かした作りの店舗はいかにも倉敷らしいですね。倉敷産の食材を厳選して、ラーメンやスープのみならず具材の一品ずつも手作りしている倉敷らーめんは、地元の方々や観光客に熱烈に支持をされているお店と聞きました。

 醤油をはじめ、にんにく、しょうゆ、ネギに玉子、すべて倉敷産にこだわり尽くしたラーメン屋。自慢の倉敷煮干ラーメンは無添加の玉子麺にに豚骨と魚介を融合させたスープがよく絡む「升家」の看板メニューです。地元産の「とら醤油」で味付けした半熟煮玉子と極太メンマ、自家製チャーシュー、倉敷尽くしの一杯です。ただ私は、ランチのAセットを注文しました(ランチは平日11時~14時30分 ●30食限定です)。「醤油ラーメン」+「半チャーハン」+「サラダ」のランチが880円です。店内は撮影禁止とのことで、残念ながら、写真を撮ることができませんでした。

▲「升屋」HPより借用

 醤油ラーメンのトッピングは、バラチャーシュー、自家製極太メンマ、青ネギ、少々の白髪ネギ。スープは豚骨系だそうで、白湯スープを注いでいるのが見えました。尾道ラーメンのように、背脂がちらほら浮いてるけど、あっさり目でほんのり甘く、ちょい懐かし感あり、麺は中細ゆる縮れ麺で、程よい茹で加減。チャーシューはやや厚めでトロトロ。自家製極太メンマは、しっかり煮てあって柔らかくて甘めの味付けでした。倉敷づくしの一杯でした。美味しかった。評判なわけが分かりました。半チャーハンは具材多めでふんわりと。❤❤❤

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中