cii stand

◎異例の平日にグルメ情報!実に美味しいケーキ屋さんを見つけました!! オススメ!

 美味しいケーキ屋さんを見つけましたよ!!「cii stand」(シースタンド 11時~20時 売り切れ次第終了)松江駅の南口から徒歩1分の所にある、今年4月22日にオープンしたばかりの新しい洋菓子店です。食パンの「乃が美」「NOVA」のちょうど裏手にあたる場所です。若い女性パティシエ店長さんが1人で切り盛りしておられました。大阪の名店「プレヴェール」と、神戸の最高峰「パティスリーアキト」で、修行を積んだ、若い店長さんです。看板商品は、店長こだわりの「シーロール」です。カマンベール配合のクリームチーズを使用したロールケーキ。もっちり感たっぷりの生地の食感と、風味豊かなチーズの深いコクが堪りません。たった一口食べただけで、程よい甘さのチーズが!ちょっとクセになる味ですね。「プラリネショコラ」も、チョコレート大好き人間には堪らない美味しさでした。ミルク感あふれるコーティングの色艶が印象的です。ぷるんとフォークですくったら白いクリームが。キャラメルの香りに上品な甘さが漂います。これも美味しかった。なかなか松江では味わえない美味しさです。

 感動したことに、家に持ち帰るのに、箱の中にはケーキが動かないように1個1個ちゃんと仕切りをテープでくっつけてありました。家で箱を開けても、お店のまんまのきれいな姿のケーキです。かつて津和野高校に勤務していた時分、博多のケーキ屋さんに通っていた頃は(エクラタン」「ブルーフォンセ」「ジャック」など懐かしい!)、これが当たり前だったんですが、松江に帰ってきてから、こういう心配りをしてもらえるケーキ屋さんは、ほとんどありませんでした。私は電動自転車でケーキをカゴに入れて帰るので、家に持ち帰ると、箱の中でぐちゃぐちゃになって原形をとどめていないことが度々でした。これではせっかくの美味しいケーキも台無しですね。以前、学園通りにあった(現在は西浜佐陀町に移転)「ポテ洋菓子店」が、そうやって固定するサービスをして下さったので、ご主人に感激をお伝えすると、「大阪・神戸ではこれが当たり前です」とおっしゃっておられました。⇒コチラです

 あまりにも美味しかったので、再び行ってきました。米子の帰りに立ち寄ったんですが(午後6時前)、既に売り切れ」でお店が閉まっていました!「リベンジだ!」と今日もう一度行ってきました。そしたら「定休日」でお店が閉まっていました!おいおい、もう意地でも行かなくてはいけません。金曜日に再び米子帰りに立ち寄りましたが、今度はほとんど売り切れで残っていたのは2種類だけ。その「メリメロ」を食べると、ココナッツクリームのほどよい甘さのケーキの中から、さまざまなフルーツがどんどん出てきて実に美味しい。これもはまりました。

 今日、日曜日は、お昼時にお邪魔しましたが、もうほとんど売り切れていました。やはりみんな、美味しいものはご存じなんですね。今度は開店(11時)と同時に行こう!「cii stand」(シースタンド)というお店の名前の由来を教えてもらいました。店主のお名前が「ちあき」さんだそうで、その名前をとって「cii」とのこと。ケーキの「c」でもあります。この音を出すときには口角が上がって笑顔になるところから、お客様を笑顔にするという意味も込められているそうですよ。「パティスリー」ではなく「スタンド」としたのは、いろいろなことに挑戦するお店でありたいという思いからだそうです。松江ではなかなか味わうことのできない、都会の洗練されたケーキを提供しておられる八幡オススメのお店です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中