わんぱくデニス

 大学生の頃から「わんぱくデニス」(Dennis the Menace)の漫画を、Asahi Evening Newsで毎朝読んでいました。英語の勉強にはなったんですが、時々何が可笑しいのかさっぱり分からなくて、モヤモヤ感が溜まったりしたものです。英語文化の背景知識がないと笑えないんです。現在はコチラで漫画を読むことができます。

 このたび、中村義実、サイモン・エルダトン『デニス英語に挑む!—さらば!お勉強英語-』(大学教育出版、2019年5月)が発刊されました。Dennis the Menace(Hank Ketcham, Marcus Hamilton, Ron Ferdinand, Scott Ketcham原作) は、1951年にアメリカで生まれ、今日も連載が続いている人気一コマ漫画です。連載開始以降、世界48ヵ国、1,000紙以上の新聞に連載が広がりました。5歳児のDennisの発話が周囲を「Menace(脅威)」に巻き込みます。All-American Kid(生粋のアメリカっ子)が放つ天真爛漫な本場英語に引き込まれるうちに、ナチュラルな英語感覚が身につくことは間違いないでしょう。過去20年あまりに連載されたDennis the Menaceの作品の中から、選りすぐりの70数作品を収め、1作品ごとに内容、語句、文化の解説がついています。知性と感性をフル活用して、まずは自分なりの自由な解釈を楽しんだ上で、味わうと勉強になります。自分の解釈を探る楽しさ、ピタッと読み解けた時の嬉しさ、新解釈がひらめいた時の誇らしさが存分に味わえるwin-win-win学習が展開することでしょう。

 中村義実先生には、『デニス英語の魅力』(大学教育出版、20年)という前著があります。やはりデニスの漫画から30作品あまりを選り抜き、英語・キャスト・文化等の詳しい解説を添えたものです。「日常生活の一コマに描かれる人間ドラマを読み解きながら本場英語の魅力を鑑賞する」という趣旨は、上記の本と同様です。漫画は英語文化を勉強する上で、格好の英語教材です。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中