「太陽の塔」見学

 大阪「万博記念公園」「太陽の塔」の内部を見学に行ってきました。前回訪れた時には外から見ただけで、内部には入りませんでした。「太陽の塔」は、1970年に開催された「日本万国博覧会(大阪万博)」のパビリオンのひとつとして建設されました。大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」を表現するパビリオンとして、万博のシンボルともいえる建造物です。当時、万博史上最多の6421万人が訪れた戦後最大のイベントで、その盛り上がりは相当なものでした。

    巨大な体に個性的なデザインで、現在でも圧倒的な存在感は健在ですね。「太陽の塔」は、万博会場跡地に造られた「万博記念公園」の顔として親しまれています。その大きさは高さ70m、基底部の直径20m、片方の腕の長さは25m。高さ70mというと、ビルでいうと20階建ぐらいの高さに相当しますから、かなり大きいですね。故・岡本太郎氏が手がけた中で、最も巨大な作品です。「ベラボーなものをつくる」と宣言して創り上げました。大阪万博時にテーマ館の一部として建てられ、閉幕後に撤去される予定でしたが、ぜひ残して欲しいという強い要望により残されることになりました。しかしながら、撤去を前提とした建築だったため、原則内部に入ることはできませんでした。近年、大阪万博のレガシー復活を望む声が高まり、耐震・再生工事を経て、2018年3月19日に、内部公開が再開されました。「太陽の塔」内部への入館は、前日までの事前予約制となっており、「太陽の塔オフィシャルサイト」よりインターネットで予約をします。見学は重量規制があるために10数名ずつの団体行動になります。私も事前に予約をして、見てきました。左膝が悪いので、階段を上るのではなく、エレベータによる鑑賞を希望しました。

 この「太陽の塔」には4つの顔があります。といっても、外側から見えているのは3つの顔だけです(写真上)。長い首の先には「黄金の顔」が光っています。そして胴体の中央にも顔、背中側にある顔。頂部の「黄金の顔」は未来を表し、背面の「黒い太陽」は過去を、胴体の「太陽の顔」は現在を象徴しているそうです。そして4つ目の顔とは、「地底の太陽」と呼ばれ、内部展示されているものになります。この「地底の太陽」は、万博閉幕後に行方不明になり現在も見つかっていませんので、展示されているのは復元されたものになります。

 スロープを降りていき、受付で予約バーコードを示して、いよいよ内部展示見学です。見学者がまず案内されるのが「地底の太陽」ゾーンです。先ほど少しご紹介した4つ目の顔「地底の太陽」をメインに展示しているエリアになります。「地底の太陽」ゾーンは、万博当時に地下に展示されていた「過去・根源の世界」の雰囲気を体感する空間で、地底の太陽」を中心に、世界の仮面と神像がさまざまに展示され、背景には当時の展示の様子やイメージ映像が投影されています。


そしていよいよ「生命の樹」へと順路は続きます。真っ赤な壁に覆われた内部空間の中央には、高さ41mの「生命の樹」がそびえ立っています。「太陽の塔」の内部はまるで胎内と呼ぶのがピッタリで、この「生命の樹」はまるで「太陽の塔」の血管のようです。この「生命の樹」には、“いきもの”がびっしりと貼りついています。1階フロアの単細胞生物から始まって、真上を見上げるとクラゲやアンモナイト、魚類、マンモス、、ゴリラ、恐竜など33種183体もの生物が、樹を彩っています(大阪万博当時は33種292体の生物模型がありました)。樹の根元に配置されているのはアメーバなどの原生生物、そこから上に向かって、三葉虫や魚類、恐竜、そして人類が。まさに「生命の進化」の過程を表しているのですね。

 芸術家、岡本太郎氏が構想したこの巨大オブジェ「生命の樹」では、単に「進化の過程」を示しているのではなく、根源から未来に向かってふきあげる莫大な「生命のエネルギー」が表現されています。「芸術は爆発だ」を始め多数の名言でも有名な岡本太郎氏の著書には次のような言葉があります。「全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。それが『爆発』だ。人間は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。いのちのほんとうの在り方だ。」(『自分の中に毒を持て』)実際に、この内部空間に立つことで、この言葉の意味の一端を感じることができるのではないでしょうか。

 1階での見学を終えると、階段での見学を希望したお客さんたちは、らせん状の階段を上りながら、様々な生物の造形物を間近で観ることができます。下から見上げていた生物の顔を真正面から見たり、細かい部分をじっくりと見たりします。階段の各ポイントには、案内スタッフが立っておられて、詳しい解説を聞くことができます。目から入る情報ばかりでなく、耳からの情報も逃さないように心がけました。私はエレベータでの鑑賞を予約したので、3カ所のみで解説を伺いました。それにしても、よくもこんな壮大な ものを造ったものと感心させられました。

 写真撮影は1階フロアのみ可能となっています。部品などの落下により展示物が損傷するのを防ぐためです。この1階での写真撮影も、内部見学が可能になった当初は禁止されていましたが、2018年12月より1階のみ可能となりました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中