裁判官の説諭~「償い」

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52歳)が6月18日、東京地裁で懲役1年6月執行猶予3年の判決を言い渡されました。小野裕信裁判官は判決を言い終えて、量刑について説明を始めます。そのうち、5分強は“説諭”でした。執行猶予がつくことは温情ではなく、常に刑と背中合わせのリスクを背負うことを強調し「有名人だからことさら重くしたことも、手心を加えたこともありません」と瀧に話しました。さらに「あなたが立ち直るために何が必要か、改めて調べる中で、1点引っかかったことがあるので、確認したい」と述べて、証拠の1つと思われる写真を瀧に見せました。小野裁判官「その中にある漢字2文字が気になった。言葉にしていいですか?」と確認すると、瀧被告は「はい、どうぞ」。そこには「人生」と習字で書かれたものが貼られていたとみられます。なぜ「人生」という言葉なのかは定かではありませんが、相方の石野卓球さんらによる、電気グルーヴの前身にあたるバンド名は「人生」でした。小野裁判官「あなたの活動を調べて、インディーズ時代から何度も出てくる言葉だと分かりました。きっと(当時)仲間と音楽を楽しんでいたのだと想像します」。さらに小野裁判官は、芸能界についての情報は疎く「復帰できるのか、何年先のことになるのかは分かりませんが」と前置きした上で、「いつか、薬物というドーピングがなくても、音楽や芝居でいいパフォーマンスをしていると。むしろ以前よりすごいじゃないか。薬物を辞め続けていると、世間の人がそう見てくれるようになることを切に願っています」と励ましました。異例の説諭でした。

 「裁判官の説諭」と聞いて私がすぐに思い出すのは、大好きなさだまさしさんの「償い」という重い名曲です「月末になると ゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに 必ず横町の角にある郵便局へとび込んでゆくのだった 仲間はそんな彼をみてみんな貯金が趣味のしみったれた奴だと  飲んだ勢いで嘲笑っても ゆうちゃんはニコニコ笑うばかり」さだまさし作詞・作曲)で始まる物語歌ですね。

 2002年2月20日に、ある裁判の模様が大々的に報道されました。東急田園都市線三軒茶屋駅で、銀行員の男性が殴られて、くも膜下出血で死亡した事件の判決公判での出来事です。傷害致死罪に問われた18歳の少年2人に対して、裁判長は、懲役3年以上5年以下の実刑判決を言い渡しました。「深くお詫びします」と口では反省の弁を述べるも、真の反省の色の見えない少年2人に対して、判決後に、山室  恵裁判長は、「唐突だが、さだまさしの「償い」という歌を聴いたことがあるだろうか」と切り出し、うつむいたままの2人に「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、なぜ君らの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と少年たちの心に訴えかけたのです。異例のことでした。人一人の命を奪うことがどれだけ重いことなのかを訴えたかったと、山室裁判長は後に語りました。

 この「償い」という歌は、さださんのアルバム『夢の轍』(昭和57年)に収録された一曲で、涙なしでは聴けなかった曲なんです。知人の実話をテーマにしてこの歌を作ったさださん本人も、あまりの悲しさ・辛さにステージで歌うことを封印していた時期もありました。この裁判長の一言で一躍有名になってしまった曲です。さださんは、インタビューに答えて「法律で心を裁くには限界がある。今回、実刑判決で決着がついたのではなく、心の部分の反省を促したのではないでしょうか。この歌の若者は命がけで謝罪したんです。人の命を奪ったことに対する誠実な謝罪こそ大切。裁判長はそのことを2人に訴えたかったのでは」と、語りました。

 それにしても、さださんの書く詩は、まるで短編小説でも読むかのように、その情景が鮮やかに頭に浮かんできますね。先日の「さだまさしコンサート がんばれライオン2019」で歌われた「償い」は、ニューアルバム『新自分風土記Ⅱ~まほろば篇~』の素敵なアレンジで、原曲のアレンジとはまた違った味わいがありました。

 この「償い」という歌は、実話をもとに作られました。毎月、給料をもらうと封も切らずにまっすぐに郵便局へ行きある人へ、もう何年もお金を送り続ける「ゆうちゃん」。彼にはたった一度だけ哀しい過ちを犯した過去がありました。配達帰りの雨の夜、横断歩道の人影にブレーキが間に合わなかったのです。送金宛先のある人とは、被害者の奥さんです。この被害者の奥さんがさだまさしさんの知人だったことから
この唄は生まれました。「償う」ということはどういうことなのか?そして「許す」ということの意味は?法廷の傍聴席から山室裁判長のこの説諭を聞いた被告人の叔母さんは、判決の翌日、この歌詞を書き写した手紙を書いて、収監されている東京拘置所に届けたそうです。果たして心に響いたでしょうか?そう信じたいですね。

 8月の通信「あむーる」は、この名曲「償い」の背景について詳しく取り上げました。興味のある方はご覧ください。❤❤❤

・「あむーる」8月号 八幡成人  ⇒コチラで読むことができます


★この夏も休み無しに一生懸命授業に打ち込んできたので、ご褒美に、「東京ディズニーシー」と埼玉の「鉄道博物館」に行ってきます。ちょっとだけ息抜きをしてきますね。帰ったらまたレポートします。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中