先生方から寄せられた質問(1)

 8月31日(土)に東京・仙台・名古屋・大阪・博多の5カ所を結んで実施されたラーンズの研究会「『大学入学共通テストに向けて』~考えうる指導事例を通して,新入試に備える~」において、全国の先生方から寄せられた質問に対しての私の回答を掲載しておきますね。


1つ目の質問として、1文1文を丁寧に読む英文解釈の力をつけるためには、どのようなトレーニングが必要ですか?また、おすすめの参考書を教えてください。
2つ目の質問として、英文解釈の力をつけるために、生徒にどのように個別指導をしていけばいいでしょうか。
最後の質問として、大学入学共通テストに向けて、英文を素早く読むためには授業の中でどのように指導していけばいいでしょうか。授業でどのような活動をしていけばいいでしょうか。よろしくお願いします。


★(1)(2)親しくさせていただいている山下りょうとく先生(河合塾)のHPの「ハイパー英文読解」の諸ファイルをダウンロード(無料)して自学させると力がつきます。「勉強の仕方」もついていますから、丁寧な読み方の練習になります。これオススメの教材です。私は北高の特別講座などでこれを紹介し、自作のプリントを100枚程度与えています。今回お渡した青本の最後の方に、「英文読解八ちゃんの法則50」をまとめたページがあります。ここに挙げたポイントを1つずつ1年生の時から少しずつ演習していきます。ご参考になさってください。山下先生のHPにはこの他にも様々な役立ち資料満載ですよ。ぜひご覧ください。私のオススメ問題集はチョット難しいですが『Reading High-level』(ラーンズ)です。段落内で重要な情報はどこに書いてあるのかを発見するテクニックは指導しておかないといけません。
(3)75wpmが高校生の平均ですから、授業では100wpmを目標に速読練習をするとよいと思います(私はできる生徒たちに個人的には120wpmを目標にしています)。記録を取って伸びを確認しながら指導するとよいと思います。


現在高校2年生担当です。新課程入試に向けて、生徒にどのように声かけ・指導を行っていけば良いか、先生ご自身の実践等を教えて下さい。


★できるだけ早い段階で「試行テスト」(2回)を解かせてみると刺激になるでしょう。まずは長文読解の量が半端でなく増えるという実感を持たせることが重要です。リーディング・リスニング共に、英語科全体で3年計画で具体的な目標を共有しながら進めていくのがよいと思います。場当たり的な指導では乗り切れないと思います。やはりいい教材がmustですね。11月1日に発刊される『重要問題演習  2021共通テスト リーディング リスニング』(ラーンズ)に期待してください。「勉強の仕方」「問題へのアプローチの仕方」を解説しています。「単語力」がますます重要になってきます。


生徒のリスニング能力をいかに向上させればよいのか悩んでいます。授業内の取り組み、家庭学習の取り組ませ方でアドバイスをいただければ幸いです。また、おすすめの参考書があれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。


★授業ではリスニングの「勉強の仕方」を押さえ、自分がどこでつまづいているのかを明確にしてやることが大切でしょう。そのためには11月1日刊行の『重要問題演習 2021共通テスト リスニング』(ラーンズ)「ナビゲータ冊子」が重宝します。そして後は、家庭で生徒が自学できるリスニング教材を紹介してやって、各自でどんどん聞いていくのが効果的です。私がオススメしているのは、当日の資料p.137のお薦めサイトです。中でも特に「VOA」がレベル別に豊富な教材を用意してくれていて重宝しています。苦手な生徒には、少し遅いスピードの音声を与えてやると(ラーンズ教材では3種類の音声が提供されます)効果的です。逆にできる生徒たちには速い音声を課してやるといいと思います。


リスニングにおいて、効果的なメモの取り方はありますか?生徒は、特に下位層の生徒ですが、メモを取っていると、聞く方が疎かになってしまうことが多く、それならいっそメモなど取らずに聞くことに集中した方がいいと思うのですが。
どんな文章が流れてくるかわからない時に、どうメモをとったらいいですか、と聞かれたら、何かいいアドバイスはありますか?


★全部を聞き取る必要はなく、特に「内容語」に注意してメモを取る練習が必要です。「数字」には日頃から注意を喚起しておきます。自分独自の記号も有効です。設問文を先読みして何が問われるかを仕込みを事前にしておくことで「待ち受け」ることができます。リスニングではこの「待ち受け」が非常に重要です。「メモの取り方」も11月1日発刊の『重要問題演習 2021共通テスト リスニング』(ラーンズ)で解説しています。

カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中