「UCCドリップポッド」

◎週末はグルメ情報です!!今週はコーヒー

 私は熱狂的なコーヒーファンで、美味しいお店があると聞けばすぐ出かけていきますし、コーヒーメーカーの新機種が出るとすぐに買ってしまいます。おかげで八幡家には何台ものマシンが置かれています。このたび購入した「UCCドリップポッドDP2」はカプセル式のコーヒーメーカーの1種です。カプセル式のコーヒーメーカーは、通常のコーヒーメーカーとは違い、コーヒーの粉をセットするのではなく、「カプセル」を使用します。ちなみに「UCCドリップポッド」の場合は、このカプセルのことを「ポッド」と呼んでいます。このカプセルをコーヒーメーカーにセットしてボタンを押すだけで、簡単にコーヒーができます。とにかく手間がかからないのが特徴。通常のコーヒーメーカーの場合は、使った後にフィルターについたコーヒー粉の洗浄などをする必要があり、これが結構面倒なのですが、カプセル式の場合は、使用したカップをポイと捨てるだけなので、そういった作業が一切必要ありません。カプセル式のコーヒーメーカーでは「キューリグ・エフィー」なども有名で、私は初代のマシンを持っています(初めて飲んだ時の美味しさは格別で、周りの先生方に吹聴し結構人気で購入された先生も多かった)。

 気分に合わせてカプセルを選んで、⇒マシンにセット、⇒湯量を調節してボタンを押す⇒抽出が始まり60秒(電源を押してから90秒)で、ささっとできあがります。カプセルは、特殊な製法によって炒りたて挽きたてのコーヒー豆が一杯ずつ完全に密封パックされています。コーヒーを淹れる技術がなくても、誰でも簡単に本格的な味が楽しめるというのが「ドリップポッドDP2」の魅力なのです。コーヒーだけではありません。紅茶煎茶も入れることができるんです。カプセルを使わずに、家で挽いた豆も使うことができます。カプセル一個あたりの値段は、大体60円~100円くらいなので、コーヒー粉で淹れるよりかは、若干コストがかかります。一杯あたりの値段がちょっとだけ高いという点を除いては、相当使い勝手がよいコーヒーメーカーだと思います。片付けの手間などもほとんどかかりません。時間に追われ忙しい朝にも、気兼ねなく本格的な味わいのコーヒーが飲めるというのが魅力ですね。この機械の主な特徴は次の通りです。

・場所を選ばないコンパクトなサイズ

・カップをセットするだけで、とにかく手間がかからない。使用後にフィルターについてコーヒー粉を洗うという作業がない。清潔で後片付けが簡単。

・すぐに飲める(約60秒で簡単抽出)

・味のクオリティが高い(「蒸らし」が効いている)

・その日の気分に合わせて専用カップのオリジナルの味が楽しめる(14種類)

・作動音が静か(他のカプセル式に比べてほとんど気にならない音です)

・1杯あたりの値段が若干高い(大体60円~80円程)

 「ドリップポッドDP2」を手掛けるのは上島珈琲店株式会社です。その昔、私は同僚と一緒に神戸の「UCC本社」を訪れ、ブルーマウンテンコーヒー」をプロに入れてもらったことがあります。あの味が忘れられなくて、以来、自分でもUCCの「ブルーマウンテン」の豆を買ってコーヒーを淹れてきましたが、なかなかあの味を出すことが出来ませんでした。やはりプロのハンド・ドリップは違うんですね。「UCCドリップポッドDP2」は、今まではプロの手作業でハンド・ドリップするしかなく、ドリップポッド抽出機では不可能とされていた、スペシャルなコーヒーがボタン1つでできるようになったのです。美味しさの秘密は、しっかりとした「蒸らし」ができるハンド・ドリップの技でした。プロの技を再現した「湯温」「抽出速度」「蒸らし時間」によって、ボタン一つで本格的なコーヒーを飲むことができます。

 毎日飲んでも飽きないようにブレンドされた「リッチブレンド」「スペシャルブレンド」。スペシャリティコーヒーのように贅沢な味わいのものまで、気分に合わせてコーヒーを楽しむことができます。スペシャリティコーヒーは、厳しい審査をくぐり抜けた質が高いと正式な認定を受けたコーヒーです。近年、アメリカではスペシャリティコーヒーを取り扱ったコーヒーショップが流行し、「サードウェーブ」というムーブメントとして話題になりましたね。日本にも続々とスペシャリティコーヒーを取り扱うカフェが登場しました。1杯400円程から800円を超えるものまで、基本的に通常のコーヒーよりも高い値段で提供されています。

 「UCCドリップポッド」では、そんなスペシャリティコーヒーの本格的な味を、手軽に安価に、自宅で飲めてしまうのは、魅力的ですね。レベルの高いコーヒーを提供していることから、コーヒーに対して本物嗜好が高い方たちから強い支持を集めているようです。ドリップポッドは専用のポッドだけでなく、レギュラーコーヒー(粉のコーヒー)も作ることができるのが魅力です。抽出量も調節できるので、普通のコーヒーメーカーがなかったとしても、レギュラーコーヒーを作る役割も担ってくれるのがよいところです。音は静かです。ほぼ音はないに等しいので気になることはないかと思います。通常サイズの水タンクは0.75L(750ml)で約5杯分(140ml抽出時)作ることができます。

 「リッチブレンド」は、家庭で飲む美味しいコーヒーというより、本格的な味わいが楽しめるコーヒーです。ナッツのような香りに、適度な苦み・酸味とコクのある味わい。バランスがよいです。この味が自宅で手軽に飲めるという事に、UCCの凄みのようなものを感じてしまいます。喫茶店で提供されてもおかしくはない本格的な味のレベルだと思います。もう1つの定番コーヒーである「スペシャルブレンド」も飲んでみましたが、こちらの方はバランスが取れていて、本格的な感じというよりは、家庭で飲めるすごく美味しいコーヒーというような感じでした。UCCの熟練したコーヒー鑑定士が、世界中の生産地から厳選したコーヒーの種類によって違う味を楽しめるのも魅力です。私は今までキューリグエフィーのマシンやUCCドリップポッドの初代マシンやカリタのマシンなどでコーヒーを入れてきましたが、これからはこれ1台で重宝しそうです。

 現在私は、もう長年、毎月東京・銀座「カフェパウリスタ」から直接コーヒーを送ってもらっています。ここの「森のコーヒー」は本当に美味しい。銀座のお店で飲んで以来のファンです。ジョン・レノン夫妻が3日連続で通い詰めたというのもうなずける味です。それと「UCCドリップポッド頒布会」で、毎月替わりで美味しいコーヒーを送ってもらっています。今月は「ハワイコナブレンドコーヒー」でした。ハワイ島のコナ地区で栽培されるアラビカコーヒーの中でも、一定の格付け以上のものだけが「ハワイコナコーヒー」と呼ばれます(品質の高いものから「エクストラファンシー」「ファンシー」「No.1」「セレクト」「プライム」に等級分けされ、この「プライム」までが「コナコーヒー」という名称で販売されます。それ以下の等級の生豆はコナ地区で生産されても、「ハワイアンコーヒー」と呼ばれて区別されています)。透明感のある爽やかな酸味と、後口にはコクが広がってきます。私の1日はこの淹れ立てのコーヒーから始まります。❤❤❤

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中