「Give and Give」の生き方

 「働く」というのは、「傍(はた)」の人を「楽(らく)」にするためにするものだ、というのは有名な喩えです。周りの人を楽にすることが仕事なんです。そのために、どのような働き方で毎日を過ごすのかということが問われますね。私の生き方の哲学はGive and Giveです」と、先日の講演会(東京・仙台・名古屋・大阪・博多)で申し上げたところ、数多くの先生方からアンケートやメールで「感銘を受けた」と共感が寄せられました。退職金をはたいて、生徒たちのために自主教材を作っているのも、作った教材を先生方に惜しみなく提供しているのもその一つです。

●素晴らしいお話で感動しました。Give and Giveですばらしい成果をあげられている先生のすばらしいものを生徒にも伝えていきたいと思います。

●大変参考になる内容ばかりで、勉強になりました。長年のご経験で作られた様々な教材をgive and giveの精神で提供されておりありがたく思います。

●先生のおっしゃる“Give and Give” 感銘いたしました。

●“Give and Give”有り難うございます。先生の講演に毎年勇気を頂いています。 

  他の人との関わり方は、次の4つ(①~④)が考えられます。

①「Take and Take」

自己中心的な生き方で、自分さえよければそれでよい、相手からはもらうことしか考えていません。この生き方ではだれからも相手にされることはないでしょう。厚かましく、相手のことは眼中にありません。

②「Take and Give」

基本は相手からもらうこと、に視点がある生き方で、ちょっとだけお返しもするけれど、やはり①と同じでいけません。まず自分のことを常に考えています。

③「Give and Take」

自分から相手に与える、そして相手に与える分は、相手からもいただこうとする考え方。ほとんどの人はこの生き方でしょう。①②に比べて少し進歩はしていますが、常にもらうことが心の隅に渦巻いている気がします。TAKEを目指してGIVEしているのであれば、あさましくちょっと嫌な気がします。人様にGIVEをして、もしご縁があれば自分もTAKEする機会があるかもしれない、くらいの考えでいたいですね。

④「Give and Give」

見返りを求めない生き方。自分で役に立つことは何でも相手にしてあげよう。相手を喜ばすことに力点を置く「利他」の生き方です。周りの人の幸せや社会への貢献を考えるならば、TAKEなどはなくても構いません。

 私も若い頃は、①②③で生きていた時代もありましたが、もう一時からは徹底しての生き方を実践しています。不思議なもので、利他」の生き方で相手に喜んでもらっていると、思いもかけないところから返ってくるみたいですよ。自分にできる範囲で、の生き方を心がけたいですね。人様にGIVEする気持ちがあれば、幸せな気持ちを感じることができますよ。自分自身のことだけを考えるのではなく、他の人や組織や社会の人たちの幸せを願うと、不思議と自らが幸せになれるのです。「利他」の精神が自分の幸福度を高めてくれるのです。私がこのような考えを実践するきっかけになったのは、稲盛和夫(いなもりかずお)さんの著書を読むようになってからです。(⇒コチラ)よ~く考えてみるに、親の愛」は間違いなくの生き方ですね。子どもを慈しんで、あれもしてやりたい、これもしてやりたい、決して見返りを求めません。子どもの幸せだけを願っています。こうやって優しさの中で育った子ども達は、何も言われなくても親に恩返しをするようになりますね。

 「Give and Give」で生きていると、もちろんだまされることもあります。私もずいぶん人にだまされて辛い思いをしたことが何度もあります。でもだます」より「だまされる」方が人間的に魅力的だ、とおっしゃっておられたのが、尊敬する故・ジャイアント馬場さんでした。

 たとえば、オレの場合は、自分でできる約束しかしない。できる約束かどうかを見極めて、できない約束はしないことにしてるね。できない約束なんて約束じゃないと思うな。だから、変な話かもしれないが、人と待ち合わせの約束をしたら、絶対に相手を待たせないとかね。お金に関しても同じで、払えない金額をいくらいってもしょうがない。相手を裏切ることだし、結果的には信用をなくしてしまうからね。
 やっぱりね、人生で一番大事なのは人間関係だろうな。自分で決めたルールではないが、自分から他人をだましたことはない。だますよりだまされた方がいいよ。だますヤツには魅力はないけど、だまされるヤツには魅力がある。オレが思うには、絶対に他人にだまされないヤツって、よっぽど警戒心が強く、猜疑心が強いヤツでね。そんな人間に魅力は感じないね、オレは。これはオレの性格なんだろうね。裏切られたらオレは、その人間を許さない。性格上そんな人間とは二度と付き合いたくないからね。別に潔癖症ではないけど(笑)。さっき言ったように約束したらきちんと守るといったようにね。できない約束ならしない方が楽だとオレは思うしね。  (馬場さんインタビュー、下線は八幡)

 「何のために学ぶのですか?」という質問には、We learn to be. であって、We learn to  have.ではない!と断言します。私は、学校では生徒たちには、人が先、成績は後」と言っています。点を取ればあとは何をしてもよし、では困ります。人の道にはずれるようなことを平気でする生徒もいます。礼儀のまったくかけらもない生徒がいます。点数のためならどんな汚い手を使ってもOKという生徒がいます(最近「進研模試」の解答・解説が有料でネットで出回っているという報道が)。約束を平気で破る生徒がいます。提出物の締め切りを平気で破る生徒もいます。掃除時間中に、単語集片手に英単語の勉強をしている人がいます。努力・準備も全くせずに「散歩のついでに富士山に登ろう」としている生徒も目立つようになりました。この人たちには、きちんと「人の道」を教えてあげないといけません。大人になってから困ります。そんな気持ちでずっと教えてきました(嫌われてもこれもGiveです)。尊敬するクロネコヤマトの故・小倉昌男社長(八幡家で利用する荷物はすべてクロネコヤマトです)、「サービスが先、利益は後」と喝破されました(その理由:良いサービスを提供すればお客様に喜んでいただける。→お客様に喜んでいただければ荷物が増える。→荷物が増えると、エリア当たりの荷物の個数が増えて密度化が進む。→密度化が進むと生産性が上昇し、自然に利益が出る。→とにかく良いサービスを提供することだ)。お客様のための数限りない改革を、この精神で貫き通した人物です。本当に大成功をおさめられましたね。最近私は、“Give and Give”からもう一歩進めて、“Give, Give & Give”に踏みこみたいと考えています。自分のあり方、生き方を磨くことで、いくらでも後から利益はついてきます。このことを象徴的に表した、私の大好きなお話があります。ウェイン・ダイアーの本で読んだ逸話です。❤❤❤

 子猫が自分のしっぽをつかまえようとしているのを見て、大きな猫がこう尋ねた。「どうして自分のしっぽをつかまえようとするの」子猫が答えた。「猫にとって一番大事なのは幸せで、その幸せは僕のしっぽだってことがわかったんだ。だからつかまえようとしているの。しっぽをつかまえたら、きっと幸せになれるんだ」するとその年取った猫が言った。「坊や、私もそういうことに関心を持ったときがあった。私も幸せは自分のしっぽにあると考えた。けれど、気がついたんだよ。しっぽは追いかけると決まって逃げていく。でも、自分の仕事に精を出していると、しっぽは私がどこへ行っても必ずついてくるみたいだよ」

▲この夏も頑張ったご褒美に「東京ディズニーシー」に行ってきました

      

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中