『ライトハウス英和辞典』パンフレット

 私たちの『ライトハウス英和辞典』(第6版、研究社)の、来年度用の販売促進パンフレットが出来上がりました。私が書きました「この1年でalmostが4回も出題された!!」が掲載されています(写真下)。新しい「共通テスト」では、文法・語法問題はなくなりますが、文法指導はしなくてもよい、ということにはなりません。文法のための文法を聞くことはなくなりますが、英語を正確に読み解くための文法は非常に大切になってきます。そのことを、この一年の「センター試験」「共通テスト試行テスト」で、はっきりと感じることができるんです。そのことを解説しました。

 以前に、このブログでも、「文法はやらなくていいか?」(⇒コチラです)と題してこの問題を取り上げたことがありますが、その完成版です。「ダウンロードサイト」に登録しておきましたので、全文をお読みになりたい先生方はご覧ください。ここら辺の語の使い方に関する細かい注記が、分かりやすい形で『ライトハウス英和辞典』にはびっしり詰まっています。❤❤❤

・「この1年でalmostが4回も出題された!!」『ライトハウス英和辞典』(第6版)パンフレット  2019年11月 ⇒コチラで読むことができます 外面  内面

カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中