「モクモクガーデン」

 米子・「しんまち天満屋」に木と触れ合って遊べる施設「とっとりの木とふれあう広場『モクモクガーデン』」が、2019年10月15日にオープンしました。

 鳥取県では、県産材を利用した空間を体験することで、県民の県産材利用の意欲を高めるとともに、企業等の新たな木質内装化への取組を推進するため、企業等が行う県産材を効果的かつ先駆的に使用した木質空間の整備と木質空間を活用した県産材製品の普及活動を支援する「鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業」を実施しています。本年度に実施する事業計画を募集したところ、3件の応募があり、評価委員会で審査した結果、この「(株)米子しんまち天満屋」の事業計画が採択され、県産材を内装等に使用した「てんまやモクモクガーデン」の整備等が行われることになりました。

 鳥取県産材を使用した大型遊具、試して買える木製玩具壁面パズル木のプールなどで自由に遊ぶことができる施設なんです。無塗装なので、木の香り、ぬくもり、手触りなどで自然を直接感じることもできますね。木のぬくもりを感じながら発想力豊かに楽しく遊んで、購入することもできます。角のないスギとヒノキのボールがたくさんある「木のプール」も楽しそうです。子どもたちは、木の香り、手触り、重さの違いを感じながら、安心・安全に五感を使って遊んでいました。利用は無料。鳥取県日南町産を中心とした県産材を使った木育広場で、木製の玩具や遊具を楽しめる空間を提供し、親子連れなど新たな顧客の来店につなげる考えです。場所は、「天満屋」3階の端っこです。おもちゃ売り場付近にあります。隣はミキハウス売り場がありました。1歳~6歳頃までの子ども向けです。

モクモクガーデン米子天満屋6

 無料で、しかも県内産の木を使用した施設となっています。室内にあるから、雨、風、暑さ、寒さも感じないでずっと遊ぶことができます。また同じ3階にはベビー休憩室・授乳室もあるので小さい子どももOKです。今後、ワークショップやヨガ教室、子育てセミナーなどイベントを開催予定とのこと。「モクモクガーデン」の床・壁には日南町のスギ材を使用しています。木のあたたかさを感じながら遊べるユニークな施設です。子育て家庭にはとても嬉しい施設ですね。❤❤❤

【追記】 これにつけて私に思い出されるのは、博多駅1・2番ホームにある、子どもとおとなが一緒になって遊ぶ遊戯施設「おもちゃのチャチャチャちゃちゃくらぶ」です。木の素材を中心に作られたこの施設は、木の持つ「ぬくもり」や「やさしさ」に包まれています。博多駅を行きかう様々なデザインの列車を眺めながら、実際に手に触れ、遊べるおもちゃで、 ここでしか味わうことできない体験ができます。私の大好きな水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生のプロデュースです。私の詳しい紹介記事はコチラです

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中