「ウェッジウッド」

source,java,coffee,cup,food 昔、ある人から「ティーカップはとって部分が命だ」ということを聞いたことがあります。そう言われてみると、日本製のコーヒー・紅茶のカップは、とって部分が持ちにくいものがほとんどです。指を中に入れて持ち上げようとすると、重さに耐えきれなかったり、滑りやすくて思わず落としそうになったり、熱くて持てなかったり、などです。そんな中、私のたどり着いたカップは、英国製高級陶磁器メーカーウェッジウッド」のものでした。創業以来300年にまたがる長い歴史の中で、とってのデザインだけでも何百回もの修正が繰り返された結果だけに、持った時のバランスは絶妙の感があります。とっては一点ずつ、手仕事で仕上げられます。何気ない形に、力学と美学の見事な融合を見ることができますね。何よりも上品なデザインに強く魅かれます。ボーンチャイナ(骨灰磁器)は焼いて骨にした牛骨を磁土に混ぜて使いますが、骨灰の質と量で器の肌合いが全く違ってくるのです。「ウェッジウッド」は骨灰含有率が51%。これが高くなればなるほど素地に粘りがなくなり、成形が難しくなるのです。焼いたときの収縮率が大きく、焼くときの温度幅も限定されるために秘伝の高い技術ノウハウが必要になってきます。透光性も高く、表面にはなめらかな光沢が。洗ったときの水切れもよく、長年使っても光沢が消えません。ファイン・チャイナと呼ばれるのも分かる気がします。お値段は高くても、長年愛用して必ず元の取れる陶器です。

 創業主・ジョサイア・ウェッジウッド(1730~1795年)は、若いころから製陶技術や化学・図版などの知識を評価され、彼が開発した陶器は好評を博します。彼が残した青地に白いレリーフの「ジャスパー」は、ウェッジウッド」の代名詞にもなっている美術的装飾品と言ってもよいものです。“ウェッジウッド ブルー”と呼ばれる気品高いペールブルーです。ウェッジウッド製の焼き物は、無光沢の青の地色の上に小さな白いカメオが浮き出ている優美なデザインが有名ですが、その地色が色名になりました。その青にも、「ウェッジウッドライト」「ウェッジウッドダーク」の2種類があり、どちらも1892年から色名として使われています。英国王室だけでなく、世界中の王侯貴族から愛されている名品です。飽きのこないデザインは、何年使っても大切に大切に愛して使っています。何とも味わい深いコーヒー・カップです。2009年に経営破綻しましたが、同年キャピタルパートナーズ社が親会社となり再建を目指し、2015年フィンランド企業フィスカースの子会社、WWRDグループホールディングスの一員となっています。

 人はコーヒーを目でも味わうとされ、これを「視覚試飲」と呼ぶんだそうです。目で味わうためには、やはりコーヒーカップですね。コーヒーの琥珀色とのコントラストが映える「白地のカップ」が最適と言われています。私は毎朝「ウェッジウッド」のコーヒーカップで飲んでいます(写真上)。ボディに施されている模様が、カップの正面にくるようにセットすると、美しいカップのデザインも楽しみながら味わうことができます。偶然入った喫茶店が「ウェッジウッド」のカップを使っていると、コーヒーの味が一段と美味しく感じられます。松江のバリスタ・日本チャンピオンの名喫茶店「カフェVITA」(ヴィータ)のカップも、高級感のあるウェッジウッド」でしたね。♥♥♥


 最近の病院の血液検査結果が少しずつ悪化していることもあって、甘い物は極力控えるようにしていました。今週、岡山・香川へ旅行した帰りに、久し振りに松江駅裏の「Cii stand」(シースタンド)をのぞきました(このお店の私の詳しい紹介はコチラをご覧ください)。クリスマス・シーズンということもあって、店内はクリスマス仕様の可愛らしい飾りとなっていましたよ。ショー・ウィンドウのケーキも全てクリスマスバージョンです。店長の講武千晶さんによれば、クリスマスケーキの予約で好調のようです。ということで、私もクリスマスケーキを買って帰りました。今年のクリスマス・イブのケーキです。メリー・クリスマス!!今夜は小田和正さんの2年ぶり「クリスマスの約束2019」です。♥♥♥


▲今年の八幡家のモンブランクリスマスケーキ

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中