再び「勝田ケ丘志学館」

 昨年の4月から、米子東高校内に新しくできた予備校「勝田ケ丘志学館」(かんだがおかしがくかん)へ、週に2回英語を教えに行っています。現代文指導のカリスマ藤井健志先生(ふじいたけし、代々木ゼミナール)が、『代ゼミ新小論文ノート2020』(代々木ゼミナール、2019年7月)で、入試問題の模範解答の中に、この勝田ケ丘志学館」を取り上げてくださいました。⇒詳しくはコチラです

(中略) このような問題の克服のヒントになるのがこの春から鳥取県に開学した「校内予備校」だ。自分の財を原資にしてでもという情熱を持った元教員を中心に協力者や寄付金を募り、県立米子東高校敷地内の同窓会館を利用して、地域の高卒生ならば誰でも学べる、画期的な学びの場を創り出したという事例だ。隣県島根県の教員OBの方々も協力することになったらしい。一つの高校の同窓会やPTAが主体になりながらもその枠組みに縛られず、都道府県の境さえも越えて連帯するかたちは行政に押し付けられるのとは違う新しい公共の姿である。官・民といった区別を越えて地域の人間が共に主体となって考え、行動するところにこそ、特定の人間を排除することのない重層的で懐の深い社会的包摂が実現するのだと私は考える。

▲「勝田ケ丘志学館」山根孝正館長

 「民業圧迫」との批判を受けて、米子東高校専攻科が廃止されてから6年。当時、県教委におられ、その後、米子東高校の校長を四年間務められた山根孝正(やまねたかまさ)先生が、私財を投じて立ち上げられたNPO法人です。その山根先生が、「母校のたより」に思いを語っておられます。

(Q)「勝田ケ丘志学館」と名付けられたのはどうしてですか?

(山根館長) 志を持って学ぶ場にしたいと願い、学校のある地名と合わせて「勝田ケ丘志学館」とした。志のある仲間といっしょに米子で浪人生活を過ごすのは意味があると信じている。

(Q)米子には3校の予備校があるそうですが、それらと違う志学館の特徴は?

(山根館長) 学生は慣れ親しんだ米子東高内にある同窓会館に通う。授業は月曜から土曜までで、日曜は自学か模試に充てる。高校の制服を着用し、授業の他にホームルームや校舎の掃除もする。ストレスを発散する目的で、体育や球技大会もある。高校の時と同じような環境で生活できるのが特徴だ。

(Q)専攻科に代わる予備校を作ろうと思われたのは、なぜか?

(山根館長) 専攻科が廃止されたとき、自分は県教委にいた。その後4年間米子東高校の校長を務めることとなり浪人生の動向も気にかけていた。当初専攻科が廃止されることによって浪人生が減ると思われていた。しかし実際は変わらなかった。始めの年は米子の予備校に多くの浪人生が通ったが、翌年からは県外の予備校が増え、同時に自宅浪人も増えた。家庭の経済力による二極分化かもしれない。また廃止前と廃止後の5年間で比べると、超難関大学への浪人生の進学者数は大幅に減少すると共に、現役生の安全志向も危惧されるようになった。私たちは、生徒がより高い志を持ち進学へ向かうことができるよう、また保護者の多大な出費により、親元を離れ県外に向かわなければならないような状況を打開したいと考え、この勝田ケ丘で予備校を立ち上げることを決意した。

(Q)志学館開学に向けて、一番大変だったのは、何か?

(山根館長) やはり金銭面と煩雑な申請面か。同窓会館2階を教室として使用するにはかなり改修が必要だった。でもありがたいことに専攻科の卒業生をはじめ多くの同窓生の寄付を得て,教室の改修やパソコンの購入等最低限の必要な設備、機器を整えることができた。申請面は、事務畑を全く知らない自分にとって大変な仕事だった。しかし人材面では副館長の福田先生を始め、優れた講師や事務方に恵まれたと自負している。

 早いもので、第一期生の指導もセンター試験、二次試験を間近に控え、山場を迎えています。生徒たちは、私が15年前に、松江北高に帰ってきたときのような熱気があります。学ぶ意欲が旺盛です。英語も成績をずいぶん伸ばしてくれました。教える者としては嬉しくもあり、やりがいを感じているところです。♥♥♥

★★★「勝田ケ丘志学館」のホームページを是非ご覧ください。コチラです。

 

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中