超ハードスケジュール!

 センター試験が終わってから、ほぼ毎日(土曜日も日曜日も!)米子東高校にある「勝田ケ丘志学館」へ教えに行っているんです。早朝6時半に松江北高に登校して、生徒が持ってくる英作文の答案を添削後、午前中に松江北高補習科の授業を終えて、松江駅に移動。電車を乗り継いで(米子駅境線に乗り換えて)米子東高校まで歩きます。日によっては夜の7時まで教えています。我ながら、こんなに働くのは本当に久しぶりです。生徒もよく頑張りますね。今年のように「センター試験」が思うように取れなくて、団子レースとなっている年は、「二次試験」の出来次第でかなりの番狂わせが起こることを、私は長い経験から知っているので、必死で二次の特訓をやっているわけです。まだ私が松江北高の現役で働いている時には、この1ヶ月間だけは、1日の授業が5時間、6時間、空き時間は英作文の「添削指導」と、それこそ死ぬようなスケジュールの中で暮らしていました。それもこれも、この1ヶ月だけ頑張ったら、生徒たちが素敵なご褒美を持って帰ってくれることを信じていたからです。今は「働き方改革」とやらで、のんびりしたものです。こんなんで大丈夫なんでしょうかね?今私は、その真逆の中で悪戦苦闘しています。毎日英語の授業をする中で、生徒が倒れるか、私が倒れるか?どっちだ?!夜の9時過ぎに家に帰ると、バタンキューの生活ですが、あと3週間ほどです。頑張ります。

 そんな中、1つだけ楽しみがあります。お昼を用意してもらっているんですが、美味しい「ステーキ弁当」豚汁カルパッチョサラダと、とっても元気が出ます。「田村牛」という最高の和牛のステーキです。毎日これを食べながら、超難解な英文を生徒と一緒にヒーヒー言いながら読んでいます。

 あ、そうそう、この「ハードスケジュール」和製英語だと思っておられる方がおられると思いますが、これはれっきとした英語です(頻度はさておくとして)。辞書・参考書中には「和製英語」と書いているものも見受けられますが、誤りです。私の報告「「ハードスケジュール」は和製英語?」をお読みください。⇒コチラです ♥♥♥

《追記》 これだけ働いているんですから、二次の指導が終わったら、とことんグレようと思っています。3月にかけて旅三昧の計画を立案中です。まずは念願の「和倉温泉」「加賀屋」に泊まってきます。日本一の旅館、楽しみです。今、女将さんの書かれた本を予習中です。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中