早めに病院へ!

 先週、松江は、今年初めてドカ雪が降りました。真っ暗な雪道を、朝の6時半に家を出て歩いて北高に向かいました。家を出て北高に向かうのに、まずは坂道を下らなければなりません。その坂道で雪に足を取られてスッテンコロリン転倒しました。実は2年ほど前から左膝が曲がらなくなり(正座やあぐらをかくことができません)、整形外科に通って、水を抜いてもらったり、ヒアルロン酸を注射してもらったりしているんです。そんな訳で、足の踏ん張りがきかずに、雪の中で転んだんです。膝がねじれて痛い思いをしました。情けないことに、立ち上がることができません。左足の踏ん張りがきかないので、立つことができないんです。立てない!かばんに手を置き、頑張って起きようと踏ん張ります。誰もいない真っ暗な雪道で、立ち上がるのに10分くらい悪戦苦闘していました[笑]。この時ほど情けない思いをしたのは初めてです。何とか立ち上がれた時は、嬉しかったですね。北高に急ぎました。雪はどんどん降り続きます。2時間目の北高補習科の授業を終わり、タクシーで、松江駅に移動しました。センター試験が終わってからは、ほぼ毎日米子で授業なんです。

 松江駅に着くと、朝から電車が全便止まっていました。駅員さんに聞くと、復旧の見込みは全く立たないとのこと。夕方から米子東高校「勝田ケ丘志学館」で授業があるので、何とかして米子まで移動しないといけません。結局、午後2時過ぎまで松江駅で待って、ようやく電車が動き始めました。米子駅には雪はありましたが、鳥取方面も、境線も、電車は定刻通り動いていました。益田―出雲―松江区間だけが不通となっていたみたいです。ということで、翌日も雪が積もると来ることができなくなるので、この日は家に帰らずに、米子「ワシントンホテルプラザ」に泊まりました。

 さて次の日です。朝のんびりとホテルで過ごして、「志学館」に向かいます。いつものように、元気よく15時半頃まで授業をしていました。するとどうでしょう。突然、左足に激痛が走り、ズキズキ痛み始めます。歩くこともできなくなってしまいました。これはやばいゾ!!「志学館」福田先生が、すぐにかかりつけの松江・黒田町「だて整形外科」まで車で送って下さいました。

 レントゲンを撮って骨には異常がありませんでしたが、診てもらったところ、出血していたみたいで、血を抜いてもらい、水を抜いてもらい、膝を洗浄してもらいました。雪道で転倒したときに、膝を打っていたんですね。痛み止めを打ってもらったり、2時間ほど病院でお世話になりました。今までとは違った経皮吸収型鎮痛消炎剤「ロコアテープ」をいただいて(これ効きました)、タクシーで家に帰りました。するとどうでしょう。あれだけ痛かった足が全く痛くありません。嘘みたいです。歩けます。歩けることがこれほど嬉しかったことはありません。この2年間膝が痛くて辛い思いをしてきましたが、なんだかこちらの方もずいぶん楽になった気がします。みなさん、とにかく「おかしいな」と思った時には、「早めに病院に行く」ことです。もう一つは、「かかりつけの名医をキープしておく」こと。この二つが今回の教訓でした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中