Waiter!と呼びかけてよいか?

 次のような記述がネットの英会話サイトに載っています(下線は八幡)。果たしてそうでしょうか?

 呼びかけについて言えば、日本語では「おまわりさん」「先生」「郵便屋さん」などと職業を表わすことばがすべて呼びかけのことばに使えますが、英語ではそうはいきません。警官への呼びかけは、Come in, officer.(おまわりさん、入ってください)のようにofficerを使い、決してPoliceman!などとは呼びかけません。学校の先生にはGood morning, Mr./Mrs./Miss/Ms. Brownのように、名前を言います。ふつうはTeacher!という呼びかけはしません。そのほかの場合も職業を呼びかけに使うのはWaiter!とかPotter!とか限られた場合です

 『ジーニアス英和辞典』(第5版)にも、waiterの項に「呼びかけ可」とありますし、ウィズダム英和辞典』(第4版)にも「時に呼びかけでフェイバリット英和辞典』には「呼びかけにも用いるグランドセンチュリー英和辞典』(第4版)には、Waiter, two sirloin steaks, please.(ボーイさん、サーロインステーキを2人前ください)という用例まで載っています。確かに、アメリカ映画の中で、“Waiter!”と呼びかけていた場面を知ってはいますし、辞書や実際の用例もありますが、私の観察では、現代英語では実に横柄な感じを受けます。「非常に失礼」な印象を与える表現です

Waiter, bring me a cup of coffee, please.

Waitress, bring us two coffees.

③ “Waiter! The menu, please.”[LDOCE2]

④ Here’s the TV mogul version of the old complaint, “Waiter, there’s a fly in my soup.”―USA Today, Feb.18, 1989.

⑤ Nancy reassured her. “Come and sit down for a minute. Waiter” ―she beckoned to him―”could you bring us some tea? I’ll pay you for it now. I’m afraid we won’t be staying   for dinner.”―C.Keene, Very Deadly Yours.

 上の学習辞典LDOCEには、“though some people consider that this is impolite”という重要な注意書きが付けられていました。現在では用例もこの注記もバッサリ全部カットされています。

 私は、『ライトハウス英和辞典』(研究社)の編集作業の過程で、ボリンジャー博士並びにイルソン博士に、この呼びかけ語としてのWaiter, Waitressに関して伺ったことがあります。以下はそのご回答です。

《ボリンジャー博士》 I find waitress impossibly rude, waiter  a little less so but still rude to merit deletion. (The passage you cite(⑤)could almost get by because the speaker is preoccupied with her conversation, and waiter is pronounced with a rising intonation. In the two examples(①②)it starts the utterance and is too imperious.) When I need to attract a waiter’s attention, I try to do it gesturally, usually just by catching the person’s eye. Calling is risky because it draws attention to the person’s menial status. I might use miss for a waitress who is young enough for that, but I would hesitate to use sir for a man.

《イルソン博士》 I would be far too shy to use waiter/ waitress vocatively, despite <“Waiter, the menu, please.”―LDOCE>. I would try to ‘catch the waiter’s eye’ by using body language. Perhaps a usage note is called for, saying that many people prefer not to call out Waiter! or Waitress! in a restaurant. Americans might say Miss! to a waitress, but probably not Sir! to a waiter. Note also that waiter/ waitress are not used as vocatives in the same way as doctor is. You can say <Good-bye, doctor.> but not <*Good-bye, waitress.> But that is probably because you can say <Doctor R.F. Ilson> but not <*Waiter R.F. Ilson>.

 以上を整理すると、(1)呼びかけ語としてのWaiter, Waitressは無礼に受け取られる可能性が強い。(2)その度合いはWaitress>Waiter    (3)目で合図したり、手招き、手を挙げたりで合図を送るのが無難。次の用例が参考になるでしょう。

⑥ Carol shook her head. Motioning to a waitress, Carol indicated she wanted more coffee.―R.Cook, Mortal Fear.

⑦ After a minute, the performer sat back and signaled a waiter, who brought a big pitcher of iced coffee and put it on the table.―C.Keene, Fatal Attraction.

 私が尊敬する山岸勝榮先生『スーパーアンカー英和辞典』(学研)には、「なお、呼びかけるときにはWaiter!などと言わないで名前を呼ぶのが普通(向こうから自己紹介するか、大きな名札をつけている)」という注記があり、他の辞典とは一線を画しています。♥♥♥

 

カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中