松江もかよ!!

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で、マスクのみならず、日用品を買い占める動きがあり、各地のお店でトイレットペーパーティッシュペーパーなどが、棚から消えています。ネット上のデマに惑わされた現象と言われています。デマの理由としては次の2つ。「マスクの製造にトイレットペーパーの材料が使われている」「中国に原材料を依存しており、中国からの輸入が止まる」 しかし、どちらもウソです。マスクは「不織布」、トイレットペーパーは「パルプや古紙」と、原材料は異なります。ほぼ100%の国産品でもあり、新型ウィルスの発生源である中国の影響は受けません。「在庫は十分。冷静に行動して」と呼びかけても、依然として買い占めが続いています。松江市内のスーパーやコンビニ、ドラッグストアを今日回ってみましたが、どこも棚は空っぽでした。

 デマと分かっていても、スーパーやドラッググストアやホームセンターの売り場から商品が消えた、と聞かされれば、不安を抑えきれなくなるものですね。社会心理学でいう「予言の自己成就」の典型現象です。これは、人々が根拠のない予言(うわさや思い込み)を信じて行動することによって、予言が現実化する現象を指して言います。今回の場合、問屋には在庫が十分にあったにも関わらず、「紙製品が足りない」という予言が実際に起きてしまったのです。メディアやSNSでトイレットペーパーが売り切れていると報じられたり、ネット上で売り切れの情報や現場写真が出回ったり、自身が店舗で直接売り切れている状況や購入のための大行列を見たりして、「紙製品がない」と認識した人々が購入に走り、それをまたメディアが大きく報道する。この繰り返しによって全国的に広まっていったのです。SNSのデマだけでなく、メディアの「過剰報道」が原因だと思われます。在庫がない訳ではなく、「爆買い」が原因なのです。

 買い占めに走った人自身の心理は、自分はただ紙製品が欲しいから、あるいは家にないから買うのであって、パニックに陥ってあわてて買いだめをしているわけではない、というものです。「落ち着いて冷静に行動して下さい」と言われても、「自分は落ち着いているので関係がない」と思っています。「トイレットペーパーが足りないのはデマ」と言われても、実際には目の前の店舗にはないのを見ると、全く説得力がありません。つい買い占めてしまいます。

 『今は店頭にはありませんが、配送センターには製品が届いているので、○○日には店頭に安定供給されます』と、具体的な状況と供給時期の目安を知らせてもらえれば、この騒動は沈静化するものと考えます。実際に今日「イオン菅田店」に行ってみると、少しだけトイレットペーパーが入荷していました。

 鳥取県・米子市で、診療所などを運営する「医療生活協同組合」の男性職員が、デマの投稿者の一人だったことが分かり、医療生協側が謝罪したとの報道がありました。こうした心ない人間のたった一言の発信が、爆発的に広まってしまうという、今日のSNS社会の「恐ろしさ」を垣間見ることのできる騒動です。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中