髙橋真梨子ラストコンサート?

 大好きな髙橋真梨子(たかはしまりこ)さん(71歳)が、1978年のソロデビュー翌年から毎年開催してきた全国ツアーを、44回目を数える今年2020年をもち休止することを発表しました。彼女は、1973年3月10日にペドロ&カプリシャスの二代目ボーカリストとして「ジョニィへの伝言」でレコードデビューし、今年でデビュー48年目を迎えます。1978年11月25日のソロデビュー後、翌年開催した全国ソロツアー以降、全国規模のツアーを毎年欠かすことなく行ない、今年のツアーでソロとして42年連続、44回目を数えます。近年は体調不良などもあり、「納得するステージを毎回継続していくことが年々厳しくなってきた」というのが理由です。最近では公演が終わると疲れ切って立てなくなるようなこともあったといいます。髙橋さんはステージが全てで、プライベートも含めて全てを公演のためにかけてきており、「ステージで倒れたら本望」とまで言い切っていました。ここ数年は特に体力に自信がなくなってきており、「万全じゃないとお客さまに歌を提供できない」という、自分の音楽に対して決して妥協を許さない髙橋さんの真摯なプロ魂を見ることができます。「毎年足を運んでくれる全国のファンがいる、というありがたい環境になるのに、そんなファンの皆さんに心から申し訳ない気持ちです」

 今年の全国ツアー『Mariko Takahashi Concert vol.44 2020 Our Days』の全33公演の情報は既にオフィシャルホームページ等で発表されていますが、3月4日の彼女のホームページにおいて、「2021年以降のコンサートツアーのお知らせ」と題して、「常日頃より髙橋真梨子を応援いただき誠にありがとうございます。この度、2020年いっぱいのステージをもちまして、コンサートツアー活動をお休みさせていただくこととなりました。デビュー以来48年間にわたり今日まで休むことなく走り続けてきましたので一旦ここで充電期間を持つこととなりました。本年度は全国の皆様にこれまでの感謝をお伝えするツアーにしたいと思っております。今後とも温かいご支援のほど何卒よろしくお願い申しあげます。」とコメントを掲載。ステージを主軸に活動してきた髙橋の、前人未到の“42年連続44回目となる全国コンサートツアー”という記録は、2020年いっぱいで途切れることとなりました。ファン会報では、

 みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。いつも応援していただき、ありがとうございます。今まで私はステージを中心に活動してきましたが、この度、2020年をもちまして、しばらくコンサート活動をお休みさせていただくことに致しました。近年は、お客さまの声援に励まされ、自分自身を鼓舞しながら歌をお届けしてきましたが、納得するステージを毎回継続していくことが年々厳しくなりました。そこで一度立ち止まって、歌と向き合ってみたいと思います。2020年は全国のみなさまに、これまでの感謝の気持ちを、お伝えするツアーにしたいと思っています。お逢いできることを楽しみにしています。   髙橋真梨子

 自身の活動48年間の集大成とも呼ぶべき作品『髙橋千秋楽』を、ツアー初日を目前とした6月10日(水)に発売することも発表しました。同作品は、髙橋の活動を代表する楽曲を、プロデューサーで公私にわたるパートナーでもあるヘンリー広瀬と共に2人でセレクトした、CD4枚組、計67曲を収録したオール・タイム・ベスト・アルバムです。さらに、現在の髙橋の心境を自身が綴った書き下ろし新曲も2曲収録されるほか、このタイミングだからこそ初心に戻り歌うペドロ&カプリシャス時代の隠れた名曲3曲を今回初セルフカバーするなど、新録音楽曲も計5曲収録される予定です。さらに、発売当時以来長らく入手困難となっていた幻のソロ・セカンド・シングル「夢ゆらり」とカップリング曲「誕生日」も約40年ぶりに音源化・収録されるなど、話題満載の作品として完全生産限定盤と通常盤の2形態で発売となります。

 このまま引退してしまうのか?ということが心配ですが、夫でプロディユーサーのヘンリー広瀬さんは、「一度休んだ後でリスタートを切れるのか、先のことは分かりません。でも本人は『引退は考えられない』と話しています」と否定しておられます。まずはこの6月からスタートする全国ツアー(33公演)に一曲入魂で頑張るつもりとのことです。

◎髙橋真梨子スゴイ記録の数々!!

 2,000人以上収容できる大規模ホールで、年間25公演以上を42年も続けている女性ソロ歌手は髙橋さん以外にはいません。2015年に発売されたアルバム『ClaChic』オリコンの女性歌手のトップ10入り最年長記録(66歳3ヶ月)、2016年にソロとして紅白歌合戦」に4回目の出場をしましたが、これは当時の67歳9ヶ月は紅組最年長記録で、翌年も出場し、自己記録(68歳9ヶ月)を更新しました。「音楽の殿堂」と呼ばれるアメリカのカーネギーの大ホールで、日本人で唯一3回公演(1993年、2008年、2016年)を達成しています。307曲のオリジナル作品中、150曲以上の楽曲で作詞を手がけ、ドラマや映画の主題歌は25曲にのぼります。1979年のソロコンサートから昨年の「MariCovers」まで、毎年欠かさず行ってきた全国ツアーは41年間で2,763回を数えました。今年を合わせると2,796回。単発のスペシャルライブが16本、297回のディナーショーを加えると計3,109回です。こんな歌い手、もう出てこないですね。これを考えると、72歳で全国を巡りまだ元気に歌い続けている小田和正さんや、67歳で4,400回以上の全国コンサートを続けているさだまさしさんがいかにスゴイ存在かが分かろうというものです。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中