「くらしき桃子」

◎週末はグルメ情報です!今週はパフェ

 「フルーツ王国」「フルーツパフェの街」として近年、知名度をあげている岡山県。瀬戸内海式気候で温暖な岡山県は、昔から農作物がよく育つ地域で、白桃、マスカット、ピオーネの生産量は全国1位を誇ります。そして、他にも多くの果物を生産していることもあり、岡山県は「フルーツの国」として知名度が高いのです!さらに、地域活性の一環で「フルーツパフェの街」としても近年、知名度も上がっています。

 倉敷美観地区には、古い町家や蔵をリノベートした店をはじめ、おしゃれなカフェが点在します。今日ご紹介するのは、そんな岡山県の有名観光地・倉敷美観地区で行列ができる人気店「くらしき桃子」です。岡山の青果会社が営み、最旬の上質な果物を使ったパフェが評判のお店です。パティシエが、果物毎にベストな組み合わせを考えて、盛り付けも華やかです。贅沢に果物をたっぷり使ったパフェが、食べられることで大人気で、倉敷に来たら絶対押さえておきたいお店です。フルーツのカラフルなパフェが、SNS映えするため、特に多くの女性観光客が殺到しています。先日、岡山で(株)ラーンズの若手編集者の藤井ひなのさん(⇒コチラに彼女の動画が)にも強く勧められた「いちごパフェ」を食べに、八幡は倉敷に向かいました。

 「くらしき桃子」は、倉敷美観地区の超人気店で、この中に歩いてもすぐの所に3つのお店があります。この3つのお店でメニューがそれぞれ違うんです。「総本店」は、2019年4月にグランドオープンされた、一番新しいお店になります。私が今回お邪魔したのは、美観地区の入り口の所にある2号店の「くらしき桃子倉敷中央店」です。パフェが主力な本店に対して、こちらはクレープがメインです。大きく分けると、お土産の販売・テイクアウト・カフェと3通りの利用が出来るお店になっています。ここは、いつもなら大行列ができている場所ですが、コロナウィルスで観光客が減少している昨今の事情で、5分も待たずに中に入ることができました。

 注文したのは、予習していた「あまおうパフェ」(1870円)です(かい、るい、おきい、まい)。いちご尽くしのパフェになっていて、半分にカットされているいちごが、お花のように開いていて、その真ん中にはいちごのアイスがのっています。ちょこんとトッピングされているブルーベリーも、とても可愛らしい。いちご単体で食べるだけでも幸せを感じられそうでしょ。甘味と酸味のバランスがよい、福岡県産の高級イチゴを贅沢に盛り付けた、実に美味しいパフェでした。このサイズでも、フルーツと中に苺のジェラート、ミルクのジェラート なので、1人でペロリといけるサイズです。あまおうがとっても甘くて、さわやか。 中のジェラートと一緒に食べると、練乳苺のように味が変わって実に美味しい。この中央店でしか食べれない限定メニューです。

 「くらしき桃子中央店」入り口のお土産コーナーは、店内に入るとフルーツ・スティックゼリー、プリン、ジャムなどが、かわいらしく陳列されています。珍しい名前のフルーツを使った商品が多く揃っていて、清水白桃、ニューピオーネ、桃太郎トマト、黄金桃など、岡山県外の方には喜ばれそうなお土産が多数(約50種類)揃っていますよ。可愛いらしいパッケージにも目が止まります。私は「おかやま桃子清水白桃プリン」を買って帰りました。岡山産清水白桃のピューレが入り、桃の豊かな風味が楽しめる美味しいプリンでした。♥♥♥

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中