「ただよび」開講

 4月6日(月)から「ただよび」が始まっています。これは1日10分の「動画講義」が、YouTubeで無料で見ることができるんです。動画配信で、予備校授業がいつでもどこでも無料で視聴・学習することができるようになりました。家庭の年収による教育格差や地域の教育格差をなくし、最高のクオリティの授業を平等に学習することが可能になったんです。画期的なものすごい試みだと思います。

 「ただよび」の講師は、予備校界の超大物講師です。「古文」𠮷野敬介(よしのけいすけ)先生は、代々木ゼミナール、東進ハイスクールにおいて約30年間TOPにたったカリスマ人気講師です。よく知られているように、中学時代から暴走族となり特攻隊長にまでなったが、失恋をきっかけに20歳で大学受験を志し、國學院大學文学部に合格。4ヶ月の猛勉強で、25だった国語の偏差値を86にまで上げた経験にもとづき、30年もの間カリスマ講師として予備校の教壇に立ち約100万人を合格に導いてきた凄腕の先生です。吉野先生は、特に偏差値50以下の生徒に見てもらいたいとおっしゃいます。他の予備校の先生方に、「お前らは基本的に溺れてるヤツに泳ぎ方を教えてるんだよ、意味ないだろ。溺れているんだから、浮き輪を投げてあげるとか、まず助けるところから入らないといけない」とおっしゃいます。崎陽軒の「しゅうまい弁当」(どれをとっても美味しい)のような授業が理想だとか。

「たとえば今年、東進ハイスクールから800人くらい東大に入ってますけど、750人くらいは特待生で1年間ほぼ無料で授業を受けているわけです。それまで頑張って優秀な成績を出してきた彼らを責める気はまったくないけど、そういった不平等があるわけですよ。予備校って、年間80万円くらいかかります。30前後で結婚して子どもが17、18歳っていうとお父さんは40代じゃないですか。40代で80万円ってけっこうでかいですよね。世の中って、すべてのことが不平等じゃないですか。生まれながらの容姿でも生きていく上で損得が出る。もともと頭のいい奴もいれば、運動神経のいい奴もいる。だからせめて、大学に入るまでの勉強は無料にできないかっていうのは、ずっと考えてきたんですよ。全国で俺は講演してきてますけど、都市と地方の教育環境の格差っていうのはすさまじいものがある。日本はもはや格差社会じゃなくて階級社会ですよ。教育はすべて無償化されるべきだけど、消費税ばっかり上げられちゃって何にもしてくれない。だから自分でできることで、無料の予備校をやろうと思ったわけです。ユーチューブだったら、全国どこにいても見られるわけですから」(インタビューより)

 一方、「英語」森田鉄也(もりたてつや)先生は、慶應大学、東京大学大学院で英語学や言語学を学び、河合塾、東進ハイスクールで教壇に立ってきたカリスマ講師です。森田先生は、ただよび」への思いを熱く語ります。「今、リスニングが重視されてくるのに、多くの学校の先生はそもそも教え方も分からない。自分たちが習ってきてないんで、やれって言われたって無理なんです。僕は、国際的な英語の教え方の資格を取ってます。世界では当たり前の教え方なのに、日本でやると奇をてらってるように扱われるんです。日本は、他の言語と比べ英語教育が一番最初に進んだ分、一番遅れてるんです。一番最初のやり方をずっと続けてる。そういう状況に一石を投ぜられればいいと思っています」 TOEICで満点を89回取るなど外国語資格を多数保有し、また昨年より独自でYouTubeチャンネルを開設して、より分かりやすい授業を進める人気講師です。受験生だけでなく、本物の英語を喋れるようになりたい、スキルアップしたいと考えている社会人にとっても、無料の授業は朗報でしょうね。

 お二人とも3月いっぱいで東進ハイスクールを退職して、この「ただよび」に情熱を注いでおられます。まずは当面この2教科の最高の授業を、毎週月曜日から金曜日まで毎日配信されます(英語朝の6時古文午後9時アップ)。私は英語(基礎英文法)を見てみましたが、基礎・基本を押さえた実にクオリティの高い参考になる授業です。

 私の一つの疑問は、大手予備校より質の高い授業を標榜するこの無料の予備校は、ビジネス的に成立するのか、果たして無料が本当に可能なのか、そのからくりは?と言う点でした。「ただよび」を運営する、株式会社レッドクイーン慶長聖人社長は語っています。

 事業のシミュレーションを実施した結果、理論値的には十分成立するビジネスモデルです。ユーチューブの再生回数に伴う広告収入に加えて、教育への貢献というCSRの一環としてスポンサーになってくれる企業からのタイアップ収入も見込まれます。全世界で教育の無償化というのは国策として唱えられていますが、アメリカはコミュニティカレッジに至るまで無償化が進んでいます。日本では文科省が20年前から無償化を提唱しているものの、まだまだ不十分と言わざるを得ません。高校の義務教育化も課題は山積しています。我々がやろうとしているのは、一足飛びに大学受験のための予備校の授業料を無料化するということです。これは視聴者全員に奨学金を出すのと同じです。古文と英語から始めますが、自分もやりたいという先生方も出てくるでしょうから、オーディションを行う予定です。来年からはフルラインナップで大学受験の全教科の先生を揃えて本格的に予備校としてスタートします。これは改革です。吉野先生や森田先生のようなトップクラスの講師を揃えますので、リアルな大手予備校より質の高い授業を提供することも可能になります。今後3年間で、予備校業界は相当に変わるでしょう。

 大学受験予備校の授業料の無料化が本当に実現するならば、無限の道が広がっていきます。根本から今の教育制度が揺らいできます。極端な場合、学校教育すべてをユーチューブなどで行って、学校そのものは別のものに特化変容する可能性さえ秘めていることでしょう。お二人の授業に注目していきたいと思います。当面は2教科ですが、どんどん広がる可能性も示唆しておられます。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中