チャギントン電車に乗りたい!

 2019年の3月に、岡山市をイギリス発のテレビアニメから飛び出した「おかでんチャギントン」電車(岡山電気軌道)が走り始めました。3ヶ月前から募集された乗車チケット(3,500円)の申し込みは、定員の8倍を超えたと言います。私も岡山に出る機会が多いので、何度か目撃していますが、「か、か、かわいすぎる…」という印象です。私も一度乗ってみたいと狙っていますが、いつも予約でいっぱいです。アニメでは、車内が一切描かれていないのですが、岡山出身の鉄道デザイナー・水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生が創り上げたチャギントンの内部は、ビックリが詰まったおもちゃ箱みたいだと評判ですよ。ぜひこの目で見てみたい。

 鉄道大好きの私も、ぜひ乗ってみたいと思っています。赤いウィルソンと青いブルースターを連結しており、他の路面電車車両よりも一回り大きく感じられます。「チャギントン」のとびきりの笑顔に、街では誰もが立ち止まって、目が釘付けです。岡山の街が明るくなるみたいです。

 岡山駅を発車してこの電車が向かうのは東山。そこには水戸岡鋭治先生のプロデュースになる「おかでんミュージアム」があって、このチャギントンのコーナーも2階にあります。⇒私のこのミュージアム探訪記はコチラです 私は今までに三回訪ねています。

 ちなみに、雑誌『旅と鉄道』5月号(2019年)の表紙を、この「チャギントン」電車が飾っています。「かわいい鉄道」という特集が組まれており、とても面白く読みました。今は新型コロナウィルス騒動で出かけることはできませんが、落ち着いたら必ず乗ってみたいと思っています。

 現在「おかでん」に乗るには、駅からかなり歩かなければなりません。JR岡山駅前広場には、バス、タクシーなどが乗り入れしているのに対し、路面電車電停は離れた場所にあり、場所が少しわかりにくい、乗換えに時間がかかるなど利便性が低く、また、交差点を横断するため安全性の課題もありました。今、岡山駅前広場への「路面電車乗入れ計画」が動き始めています。現在の岡山駅前停留場から岡山駅前交差点を横断する形で延伸する、平面乗り入れ案で実現する見通しです(2022年完成予定)。岡山駅方向へ100m程度軌道を延伸し、停留場を新設する予定です。岡山駅最寄りに位置する停留所は2面3線となり、岡山駅東口から停留場までの距離は現在より140mほど短縮されるとのことです。これにより、横断歩道を渡ることなく乗換え可能で、乗換え時間は1分30秒から3分ほど短縮されます。便利になりますね。なお、現在の岡山駅前電停は今後も存続される予定です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中