「指揮官先頭」

 「指揮官先頭」(しきかんせんとう)という言葉が無性に好きです。もちろん、リーダーは部下がやることをすべてできるわけではありません。それならば、部下は必要ありません。しかし、重大な局面を打開したり、重要な方針を実行する場合には、リーダーは先頭に立つ覚悟が必要です。どんな困難なことでも自分が先頭に立って、組織を動かし、その困難を切り開こうとする心構えが重要です。部下はそういう姿をちゃんと見ています。自分は楽をして、人が動いてその上前をはねてやろうという考え方をリーダーが持っていたら、人はまず動きません。そんなリーダーの下で働きたいと思うような部下はまずいないでしょう。学校現場でも、同じことが言えるのではないでしょうか。

 そもそもこの「指揮官先頭」という言葉は、戦前の海軍兵学校(海軍の将校である士官の養成を目的とした教育機関)で、将来の幹部となる学生たちに厳しく教えていたことだそうです。広島県・江田島にあった海軍兵学校の卒業生は、卒業すると将来は海軍の中枢を担う幹部となっていきましたが、この学校は当時は東大に入るよりも難しいと言われたそうですよ。指揮官たるべきもの、常に先頭に立って行動することが大切だということですね。それをきっちり守って実践したのが、東郷平八郎元帥(1848~1934)です。日露戦争の「日本海海戦」での東郷の行動は、まさに「指揮官先頭」だったと私は思っています(私は戦争を礼賛しているわけではありません)。

 1905年の日本海海戦で、日本の連合艦隊は世界最強と言われたロシア帝国のバルチック艦隊と戦いました。戦わずして勝つだろうと思われていたロシア軍を後進国と見られていた日本が打ち破りました。それも圧勝だったという事実は、世界中に衝撃を与えました。連合艦隊司令長官だった東郷平八郎は、5時間にわたる戦闘の間、旗艦「三笠」のブリッジにずっと立ち続けたといわれています。それは負ければロシアの植民地になってしまうという、日本国の命運を懸けた戦いでした。日本海海戦で負けることは、極東海域の制海権をロシアに奪われることを意味します。それは、中国でロシアと戦う日本陸軍の補給路を断たれ、敗戦を意味し、日本はロシアの植民地か属国になることでした。日本の命運を賭けた戦いにおいて、命を懸けてでも国を守ろうとして指揮をとったのです。部下はブリッジの下にある「司令塔」に入ることを進言しました。そこは30センチメートル幅の鋼鉄で守られているからです。しかし東郷は、逆に副官以下を司令塔へ移動させました。そうして一発で指揮系統を潰されることを避けた上で、砲術長と、参謀長(加藤友三郎、後の大将、首相)、先任参謀(秋山真之、『坂の上の雲』の主人公)だけを自分と共にブリッジに残し、そこに立ち続けたといいます。鉄柵しかないブリッジは、一発でも敵艦から砲撃を受ければ即死してしまうような場所です。死を覚悟してそこに立ち続けたのです。各艦隊からは、ブリッジに立つ東郷元帥の姿がはっきりと見えました。リーダー自らが覚悟を持って臨んでいる。その並々ならぬ気迫は、遠目からでもはっきりと伝わったはずです。隊員一人一人の士気が高まったことは言うまでもないでしょう。

 一方で、太平洋戦争時、ガダルカナル島を巡る戦いの最中に発生したルンガ沖夜戦において、駆逐艦部隊を率いた田中頼三少将は、アメリカ海軍の重巡洋艦部隊と交戦し、重巡洋艦1隻撃沈、3隻大破の戦果を挙げます。この結果、田中少将のアメリカ軍からの評価はずいぶんと高いのですが、この時、田中少将指揮官先頭」で指揮を取らなかったため、日本海軍内での評価は低く、海戦の直後に左遷されてしまいます。

 私の教員人生を思い起こしてみるに、「指揮官先頭」を率先してやっておられた上司は少なかったように思います。口では立派なことを言いながら実行は全く伴わない口先だけの人、事態が困難になると逃げてしまう人、最初から何もやらない人、言うことがコロコロ変わる人、明らかに方向性のトンチンカンな人をいっぱい見てきました。上司があれだけ頑張っているのだから、自分も頑張らねばと思うのが部下の本音です。背中で引っ張ってもらいたいものです。人を動かすには、まず自分を動かすという意気込みでやらねば、誰もついてはきません。全国の公立高等学校で国公立大学の合格者数が、373人→355人→362人と、3年連続日本一だった頃の松江北高では(全国から学校訪問が相次ぎました)、故・鞁嶋弘明校長は、あまりの激務に、夜中に校長室で倒れておられたのを部下が発見しています。鞁嶋校長の想い出はコチラです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中