最近のelderly

 今からもう30年以上も前のことです。ライトハウス英和辞典』(研究社)の第2版の改訂準備作業をしていた1988年頃の話で、当時、英語のelderlyという単語のゲラに《60歳前後》という注記が入っていたんです。これに対して、私たちの編集委員のMary Althaus教授(津田塾大学)から、30年前であれば、60歳はelderlyであっただろうが、現在はもう10歳~20歳は年上を言う言葉であろう」というご指摘がありました。これは当時の私にとって新発見でした。すぐに私たちの編集顧問の故ボリンジャー博士(Dwight Bolinger)に確認をとったところ、面白いエピソードを伺うことができました。平均寿命が65歳の時なら、60歳がelderlyとしてよいだろうが、現在の実態はそうではないことに注目すべきだ。博士が71歳のとき、夜ジョギングしていたところ、警察官に呼び止められたというのです。おそらくは誰かに追いかけられていると心配に思って、この警察官は“elderly gentleman running”に対して、驚きを表したのでしょう。old と呼んだのでは失礼だろうから、丁寧にelderlyと呼ばれたのだろうが、71歳で“elderly”の範疇に入ると知って、ちょっと驚いた、とおっしゃっておられました。結論的には、アルトハウス先生のご指摘に同意され、”You are as young as you feel.”だから、特定の年齢は明記しないほうがよい、とのアドバイスをいただきました。当時、松江北高のALTだったジェーン・ハンフリーさん(オーストラリア出身)も当時、個人的意見としながらも、70歳プラスと思う、と述べられました。ALTのエドワード先生とこの話題を話していて、「自分は75歳以上くらいだと思う」との意見でした。 “It is considered more polite to use elderly instead of old when describing a person : an elderly gentleman” (Cambridge Academic Content Dictionary)ということで、「しばしばoldに対する遠回しな語として用いられる」(『ライトハウス英和辞典』)としておきました。以上は、今から30年前の実態でした。ライトハウス英和辞典』(第6版)をお持ちの方は、私の書いたold/elderly/aged「類義語」欄をご覧ください。しかし、あれからずいぶん時が経ちました。elderlyの実態は、あれからずいぶん変わってきたように感じています。

 現在、アメリカでは、この問題はやっかいなようで、ニューヨークタイムズ紙が69歳の女性をelderlyと呼んでいます。別のアメリカの新聞は70歳をelderlyと呼んでいます。71歳の女性をelderlyと書いたところ、「あり得ない」という読者からの抗議の投稿があったそうです。ある読者は「自分は70歳だが、elderlyと感じることは絶対にない。elderlyは、少なくとも80歳以上、いや95歳もあり得るだろう」と述べました。どうやら20世紀前半にはold に対する婉曲語としてelderlyは受け入れられていたのですが、現在ではthe deaf やthe disabledなどと同じように、politically correctでないと受け止められているふしさえあります(cfCollins English Dictionary)。

Many people now think that this word is offensive but it is often used in talking about policies and conditions that affect old people  [Macmillan English Dictionary for Advanced Learners(2007)]

elderlyには弱々しく、依存しているという含蓄が感じられるというのです。ウィズダム英和辞典』(第四󠄁版、三省堂、2019年)「もともとはoldの丁寧語であったが、現在では失礼な表現とされる場合もある」『グランドセンチュリー英和辞典』(第4版、三省堂、2017年)「しばしば遠回しにいう時にoldの代わりに用いられるが、失礼な言い方だと考える人も多い」と記述しているのは、ここら辺を踏まえての観察と思われます。時代と共に英語が変容していく好例です。

 さて、ここからが今日のテーマです。最近のelderlyの使われ方を観察していると、事態はさらに進んでいる印象を受けています。Alpha」(7月17日号、2020年)の、James Tschudy先生の連載記事 “Odds & Ends”(やさしい英語の正しい使い方)に、面白いエピソードが出ていました。先生より8歳上のお姉さんがテレビで交通事故のニュースを見ていたところ、アナウンサーが“An elderly man of 70 was involved in an accident on Highway 50.”と述べたそうです。お姉さんは「ちょっと待って。私は70歳だけど、elderlyじゃないわ」と思わず口にしたそうです。お姉さんのelderlyという語に対するイメージは“old, weak, unable to care for oneself”だそうです。自分はまだ健康で、活動的なので、elderlyじゃないと言うのです。チューディ先生の語感も、お姉さんと全く同じだと言っておられました。丁寧語として登場したelderlyですが、現在はその使用には注意が必要です。❤❤❤

老人のイラスト「かわいいおばあさん」
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中