「ドゥーブル・フロマージュ」

◎週末はグルメ情報です!!今週はチーズケーキ

▲小樽市の「ルタオ本店」

 チーズケーキで私が一番好きなのが、小樽「ルタオ」ドゥーブル・フロマージュ」です。寿製菓が、1996年に廃業寸前だった千歳市のチョコレート工場を買収したのが会社の始まりです。当初は千歳空港内での販売を主力と考えていましたが、当時観光地として注目を浴びていた「小樽市」に販売店舗を置く戦略に変更しました。ルタオ本店」の建物を表すフランス語で「小樽の親愛なる塔」を意味する「La Tour Amitie Otaru」の頭文字を、小樽(オタル)の地名に愛着を込めてアレンジ(逆さ読み)し「ルタオ」と名付けています。私は3年前に小樽を訪れた時には、小樽市内にある「ルタオ」の全店舗を巡りました〔笑〕。⇒私の詳しいレポートはコチラで

 松江駅前の「一畑百貨店」でよく開催される「北海道展」には、ルタオ」が出店していますから、このドゥーブル・フロマージュ」を買ってきます。購入時は冷凍状態になっていて、冷蔵庫で5~8時間解凍してから食べるんです。パッケージは木目調の丸い箱。商品名などを印刷したオレンジ色のオビがかけられています。直径は約15cm。中は二層構造となっていて、上はレアチーズ・ムース、下はベイクド・チーズケーキです。美味しそうでしょ?

ルタオ ドゥーブルフロマージュ

ルタオ ドゥーブルフロマージュ

 フタを開けると、カマンベールチーズのようなフィルム包みが登場。さらに包みを開いていくと、ほわっとした生地の「ドゥーブル・フロマージュ」が出現。表面が細かなスポンジで覆われています。中は二層構造となっていて、上はレアチーズムース、下はベイクドチーズケーキです。レアチーズムースは、ムースというよりクリームのイメージに近いなめらかさ。しゅわっーと溶け広がり、濃厚なミルクのコクを広げます。ほんのり感じるチーズの風味であと味はさっぱりとしています。 一方のベイクドチーズケーキは、テリーヌのようにしっとりとぎゅっと詰まった質感。口にすると思いのほかなめらかに口どけ、濃厚なチーズの味わいと甘みをいっぱいに広げます。それぞれだけでも美味しいのですが、2つが一緒になるとまた格別!濃厚なチーズとミルクの風味が一体となり、ジワジワとおいしく口どけていきます。全体を包み込むスポンジのふわふわとした食感も良いアクセント。 甘さが品よく、全体におけるムースの比率が高めで食感が軽いため、ついつい止まらず食べ続けてしまいます。大人気もうなずけるおいしさ。食感はふんわり、味はすっごく上品で、なまろやかで深みのある味です。単一なチーズの味だけじゃない、それでいてイヤミな感じの味が一つもしない。本当に本当に美味しいな~っ、と思いながら食べています。購入時は冷凍状態。「冷蔵庫で5~8時間解凍してから食べて下さい」とのことでした。買ってすぐには食べられないので注意!❤❤❤

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中