修復された門司港駅

◎100年の時を超え大正時代の駅が復活!

  JR九州・鹿児島本線の起点となる門司港駅は、明治年間の1891年に開業しました。本州との往来は当時はまだ船だったので、23年後の1914年2月1日に連絡線との接続に適した岸壁側の現在地に移転され、二代目駅舎の使用が始まりました。その美しさと豪華さで、JR発足直後の1988年(昭和63年)には、駅として初めて「重要文化財」に指定されています。そもそも駅舎で、我が国の「重要文化財」に指定されているのは、ここ門司港駅東京駅、それに旧・大社駅(今は使われていません)の三つだけなんです。東京駅の指定よりも15年も早いんですよ。前回、私がここを訪問したときには、残念なことに、長期間の補修工事中のために、駅舎全面に覆いがかかっていて、駅の姿を全く見ることができませんでした。2012年から保存修理工事が始まり、昨年3月に、約6年半の保存修理工事を経て、門司港駅がレトロな趣きある大正時代の創建時の姿を蘇らせてグランドオープンした、と聞いていたので、あの10連休にどこも行けなかったリベンジとして出かけてきました。松江から始発の特急「やくも」で岡山へ、新幹線「さくら」で小倉で下車、普通列車に乗り換えて、すぐに門司港駅に到着です。この門司港駅駅舎は、門司」「門」をデザインしていて、左右対称のネオ・ルネッサンス様式だそうです。駅前の噴水広場も憩いの場となっており、中央に向かって噴水が出る(1時間おきに20分間稼働)など、親子連れにとっては素敵な公園となっていました。

 降り立った門司港駅のホーム部分には、ベンチなどが一切ありません。一直線に抜けたホームと、「もじこう」の駅名表示が、観光客に大人気のフォト・スポットとなっていますね。細かに見ると、柱や屋根の内側は木製、屋根を支える梁には古くなった線路のレール材と、レトロ感満点です。駅員のレトロな制服は、門司港駅だけで使われているオリジナル品。三本線の帽子が駅長です。また、アナウンス(日本語)はすべて肉声。他の駅でお馴染みの自動(機械)音声は使われていません。トイレは駅舎の横。独立した建物で誰でも自由に利用できます。

 創建された大正3年の面影を再現した門司港駅。外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根には天然の石盤をふきました。また、失われた屋根まわりの飾りを復原しました。正面の大時計は大正7年に取り付けられたものですが、その歴史的価値から残すこととなりました。到着した日に、駅舎にたたずんで大正時代の雰囲気を味わっただけでなく、翌朝も散歩を兼ねて、早朝の人の誰もいない駅舎を堪能してきました。駅舎だけでなく、周辺の建物も大正ロマンを感じさせるものが多く、風情ある街並みが特徴的ですね(その代表が「門司港レトロ)。駅構内は木目を基調としたレトロ調で統一されています。切符売り場も昔の風情が残っていました。自動券売機のそばに、人の手で切符を売っていた時の窓口が再現され、「みどりの窓口」「観光案内所」にある暖炉も往時の装いになるなど、1914(大正3)年の創建時の姿に復元されています。

 「待合室」も渋い雰囲気です。中は広くて落ち着きますね。奥の方には、門司港駅の歴史が数々の古い資料や、調度品・駅の部材とともに展示されていました。漫画家・わたせせいぞうさん(高校時代まで小倉で過ごす)の描く、門司港のイラスト展もパネル展示されていました。駅構内には、スターバックス」がありますが、看板もレトロ調のお店となっています(⇒私のスタバ店解説はコチラ)。

 構内には「幸福の鐘」もあり、中国人観光客が群がって写真撮影に興じていました(これについては近く取り上げる予定)。その奥には鹿児島本線の起点駅を示す「0マイル」の碑もあります。駅の外にある独立した建物にあるトイレには、青銅製の「幸運の手水鉢」(ちょうずはち)が創建当時のまま残っています。太平洋戦争中の貴金属回収も免れ、今に残っています。大正時代の水洗トイレも残っています。

 門司港駅の2階には、旧貴賓室、旧次室、屋根裏が覗ける小窓などがあり、自由に見学することができます。また、世界のベストレストランの常連、2018年には22位に輝いた東京「NARISAWA」成澤由浩(なりさわよしひろ)シェフが監修する「みかど食堂 by NARISAWA」があります。門司港駅が開業した当時に、高級洋食屋として同じ場所で営業をしていた「みかど食堂」の当時の資料をもとに、メニューはもちろん、インテリアから壁紙まで、その当時の雰囲気を取り入れながら、モダンなレストランとして蘇らせました。成澤シェフは、あのJR九州の人気観光列車「或る列車」のスイーツを演出される方ですね。今回の訪問の目的の一つが、ここで美味しいフレンチをいただくことでした(この素敵な食堂は、以前コチラで紹介しましたのでご覧ください)。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中