『新リトル英和辞典』

 『新リトル英和辞典』(第5版、1987年、研究社、1,300円)という小型ポケット英和辞典をご存じでしょうか?今からもう33年前に出た辞典です。故・竹林 滋先生(東京外国語大学名誉教授)のご指名で、私がA~Zまで一人で基礎原稿を書き上げた、想い出のいっぱい詰まった辞典です。真冬の寒い日に、研究社の責任編集者の方が、東京からわざわざ当時勤めていた島根県立松江南高等学校へお見えになり、正式に依頼を受けました。私も当時は元気でしたので、夜を徹して作業に没頭しました。

 当時、海外旅行者・出張者、日本で働く外国人が増え続けており、あらゆる分野で外国との交渉が密になってきており、この種の小型辞典のニーズが益々高まっていたのでした。「最小のスペースに最大の情報を盛る」という編集方針の下に、時代の変化に即応することを目指し、携帯用小型辞典として最新の英語を可能な限り採録するように心がけました。三省堂『コンサイス英和辞典』を抜くことを目標に、ずいぶん頑張ったことを思い出します。それまでの4版の全ての記述を総点検して、やや古くなった見出し語・語義を削除してスペースを確保して、33ページ増やしました。そして何と言っても、サンセリフの美しい大型活字を見出し語に採用したことが、紙面の見やすさという評判につながりました。

 現代の国際情勢・社会情勢と共に生まれて定着した新語や新語儀を丁寧に拾っています。私の「用例カード」を基にして、できる限り盛り込むようにしました。例えば、上の写真で、nervous Nellie「臆病な人」という語句が収録されていますが、当時これを取り上げている英和辞典は少なかったと思います。“Ann Landers”の悩み相談欄に頻繁に登場していた語句で、かなりの用例が溜まっていたので、取り上げた記憶があります。

 今日、「勝田ケ丘志学館」で、その話をして紹介したついでに、アマゾンを見てみました。新品は7,297円で出ていました。中古品は何と1円!!その他40円から50円の値が付いていました。ショックです。私の青春を捧げた辞典が1円かよ!〔笑〕興味のある方は、買ってみてはどうでしょうか?♠♠♠

 

カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中