「坂内食堂多摩」

◎週末はグルメ情報!!今週はラーメン

 昨年11月、東京・多摩センターで初めて「サンリオピューロランド」を見学してから、宿泊先の「京王プラザホテル」へ帰ろうしていると、多くの飲食店が立ち並ぶ賑やかな通りに「喜多方ラーメン 坂内」の文字を発見しました!まさか多摩までやって来て、喜多方ラーメンが食べられるとは至福の限りです。この「坂内食堂」は昔から私のお気に入りのお店で、以前は、博多・キャナルシティにあった「ラーメンスタジアム」で、現在は、京都駅「拉麺小路」で、坂内食堂」「肉そば」をいただいています。坂内のチャーシューは最高ですから。でも最近ではさすがにあれだけ大量のチャーシューを食べきれなくなってきました〔笑〕。今回は、普通の「ラーメン」「チャーシュー飯」を注文しました。あっさりしたあの味です。

 今回2回目の訪問では、店の前の看板にあった期間限定 「ピリ辛香ばし塩ラーメン焦がしネギ風味」「チャーシュー飯」をいただきました。ピリ辛ながらさっぱりとした塩スープにたっぷりの青菜、とろとろのチャーシューのコントラストが楽しめる一杯です。透き通ったスープはほどよい辛味とすっきりしたうまみ。自家製の香味ラー油で、味をきゅっと引き締めているのが特徴。とはいえ、辛味よりも透き通った塩スープのさっぱり感と、生のミズナやネギの歯ざわり、火を通したキャベツのほどよいやわらかさなど、野菜の存在感が際立ちます。生のミズナ、火の通ったキャベツなどがどさっと入っています。丼をおおいつくすような青菜の下には、坂内定番のチャーシューが何切れも入っていて、こちらは食べると舌がとろけるよう。豚肉のうまみも強く、さっぱりすっきりしたスープとは好対照です。一番下にあるのはコシがあってツルツルした手もみの縮れ麺。野菜やチャーシュー、香味ラー油を巻き込んでたぐると満足度が高い食べごたえです。喜多方ラーメン坂内「ピリ辛香ばし塩ラーメン 焦がしネギ風味」縮れ麺はスープにも野菜にもからむ!青菜のどっさり入った麺を食べたいという人にぴったり。がっつり系のタンメンや野菜マシとは違った味がほしくなったらお試しを。

 「坂内の焼豚」も単品で1本売りで販売しておられました。もうちょっと近ければ、家に買って帰るところなんですが、とても松江までは持ちませんから断念!(昨日、通販でも買えるようになったと案内が来ていました)

 お邪魔したのは金曜日の午後5時を回っていましたが、店内は結構混んでいましたね。サンリオピューロランド」の近くなので家族連れが多いかと思いきや、どうしてどうして、サラリーマンやご年配の方や女性もたくさん入っておられました。まぁ「坂内食堂」のラーメンは優しい味なので誰でも食べたくなりますよね。店内はけっこう広めで、白と黒を基調とした明るめの雰囲気です。壁際にカウンター席やテーブル席、中央にもテーブル席がいくつかあります。バッグを床に置こうとしたときに、男性の店員さんからすかさずこちらの荷物入れをお使いくださいとカゴを差し出され、お茶がなくなりかけて頼もうかなと思っていると、すぐにつぎに来てくれる、サービスについても高得点ですね。味」「サービス」、この二つがカギなんです。

 お客さんが来ないと嘆いているお店は、まず味がどうこうだけではなく、今提供しているサービスが果たしてお客様に最適なのか、お客様が考えるであろうことを事前に考え、先に行動することができているかどうかを点検してみることが大切でしょう。長く繁盛しているお店はみーんなこういう気配りがきちんと出来ているという印象です。最近松江で嫌だなと感じているのは、お店のアルバイト従業員が大声で私語をしているお店が結構多いんです。どうしても耳に入ってくるので、食べながら不快な気分になってきます。きちんと教育して欲しいですね。うるさいことを言うと、すぐ辞めてしまうのが昨今の大学生なんだそうです。単なる金稼ぎではなく、誇りを持って仕事に打ち込んで欲しいなと感じています。♥♥♥

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中