「ハピネスブック本町堂」

 「ハピネスブック本町堂は、NPO法人「プロジェクトゆうあい」が運営する古書店です。小説・実用書・単行本を中心に、山陰・島根・松江に関する郷土本、明治・大正・昭和の貴重な古書、なつかしのレコードも数多く取り揃えています。店内には、くつろげるテーブル椅子もあります。松江大橋南詰・白潟本町郵便局隣り(旧くろだ人形店跡)にあり、水曜日をのぞく平日、10時から15時まで営業しています。

 私がここを初めて知ったのは、松江市内のスーパー「みしまや」の店舗の入り口の所に古本のコーナーがあって、珍しい本を時々見つけては購入していたんです。この出展者が「本町堂」でした。今では入手不能になった私の大好きな渡部昇一先生竹村健一先生の大昔の本などもありましたっけ。米子の行き、帰りなどに時々立ち寄っていましたが、最近は通る度に閉まっていることが多かったんです。今日店員さんに聞いてみると、15時で店を閉めているとのことでした。


本町堂のロゴの画像
 もう手に入らなくなった珍しい本を見つけることも多くあります。今日も5冊ほど収穫がありました(本は全て100円です)。松江に三店舗ある「BOOK OFF」ともども、私には貴重な入手源のお店となっています。本好きの方はどうぞ立ち寄ってみてください。♥♥♥

 

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中