「共通テストオンライン講演会」終わる!

 2月26日(土)の 「2023大学入学共通テストに求められるチカラとは(英語)~2022大学入学共通テストの問題分析と指導事例~」(オンライン研究会、ラーンズ主催)が無事終わりました。私は前日に、3回目のコロナワクチン(ファイザー)を接種して東京に向かいました。副反応の備えに、アセトアミノフェンをお守り代わりに持つようにとのお医者さんの教えを守って東京入りしましたが、幸い腕の痛みも熱も出ずに、元気いっぱいで当日を迎えました。オンライン講演というのは、回線や機器の不具合などで事故が起こることもあり(実際に最中に機器がかたまってしまい止まってしまったことも)、現場ではスタッフの方たちがピリピリしながら運営されているんです。


今回は上のようなメニューでお話させていただきました。会場で私の後方に映っているのは、前日に新宿・高島屋「カリカチュアジャパン新宿店」のアーティストさんに描いてもらった似顔絵です。毎回恒例となりました。持ち時間の90分を使い切り、今年の「共通テストリーディング・リスニング」の本試験(追試験)に関して、私なりの分析を披露させていただきました。


私が講演の中で、今年の本試験・追試験の分析に基づいて、「共通テスト」対策として述べた事をまとめてみると、以下のようになります。


講演後、ご視聴になったたくさんの先生方から、お礼の言葉や励ましの言葉をいただきました。ありがとうございました。少しでもご指導の参考になったのであれば嬉しく思います。ご質問もいただいておりますが、ご不明な点がございましたら、何なりとメールでお知らせください。なお、この講演は3月4日より、録画でもご覧いただくことができます。お申し込みは、(株)ラーンズのホームページの「研究会情報」からお願いします。⇒コチラです お世話になったラーンズのみなさん、お申し込みいただいた先生方、貴重な機会を与えてくださったことに感謝いたします。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中