「燕京」が潰れた!

 松江に「燕京」(えんきょう)という創業53年になる老舗の中華料理屋さんがあるんです。お座敷席もあり、コース料理もありで、宴会など大人数でも対応でき、価格も比較的リーズナブル。ファミリーからお一人様まで行きやすい中華屋さんです。松江の中華料理店の中では「桃仙閣」(とうせんかく)とならぶ老舗中の老舗です。1階は少人数のテーブル席主体で、円卓も一つあります。2階が座敷になっています。松江イオンの前にあります。

 私が松江南高校に勤めている時代は、日曜日に、母とよくイオン(当時はサティ)で買い物をした後で、ここでランチを食べて、前のタクシー乗り場でタクシーを拾って家に帰った思い出があります。母はここの「チャンポン」をいたく気に入っていました。松江北高に帰ってきてからも、よくお邪魔したお店です。素朴だけれど美味しく、温かいお店でした。北高でも、教科や分掌でも二階の座敷をよく利用して、コース料理を1週間に3回も食べに来たことがあります。久しぶりに今日は「燕京」に行ってみようとやってきたら、お店が閉店していました。コロナの影響でお客さんが減ったために閉店の運びとなった、という貼り紙がドアに貼ってありました。コロナの影響で潰れたお店は松江に数多くありますが、こういった老舗にまで大きな影響を及ぼしているのだと実感しました。実に残念です。

 ここで最後に食べたのは、昨年のことでしたっけ。「麻婆豆腐定食」、これで1050円!?すごいボリュームです。メインディッシュに加え、天ぷら、餃子、スープ、漬物、ライス、デザートまで!天ぷらは海老2匹に、ピーマン、春巻きで、しかも揚げ立てで、衣がサクサク!!全然油っこくなくて、とっても美味!餃子も、イイ焼き加減で、肉の旨みもしっかり感じられ、素直に美味しい。麻婆豆腐はお皿で供されるので、ちょっと温度が低くなってますね。木綿豆腐、椎茸、グリーンピース、ねぎ、所々に唐辛子の切片も認められます。グリーンピースが入っているのはなかなか珍しいのかな。山椒はかかっておらず、豆鼓、葉ニンニクもみられないようです。豆腐は木綿で、しっかりめで比較的原型を保ち、もりもりと存在しています。粘り気でしっとりとして、麻婆豆腐のスタンダード的な佇まいを見せています。さて,食べてみますと,おやおや?見た目よりは辛くありませんね。そのかわり、味噌風の味わいをしっかり感じます。木綿豆腐がぷるぷるとして、口の中で踊ります。グリーンピースも口の中で意外に邪魔はしません。

 燕京が無くなった今、中華料理を食べるには、「桃仙閣」(とうせんかく)&「ジャスミン」爸爸厨房(ぱぱちゅうぼう)の二つだけになってしまいました。♥♥♥

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中