『SLやまぐち号殺人事件』

 去る3月3日にお亡くなりになった、国民的ベストセラー作家、西村京太郎先生の絶筆『SLやまぐち号殺人事件』(文藝春秋、2022年8月)が発売になりました。先生の648冊目の最後の著書です。先生は以前私に、何とか635冊書いて、スパッと身を引きたい、とおっしゃっておられました。これは「東京スカイツリー」の634mを1つだけ上回りたい、というお気持ちからでした。その西村先生最後の作品の舞台が、島根県の津和野町と山口県の新山口市を結ぶ(全長63㎞)「SLやまぐち号であったのは、何かの運命なのでしょうか?この本は、西村先生が病床でも書き続けた『オール讀物』の原稿と、未掲載の原稿をまとめたものです。先生最後の小説でも、JR山口線を走るSLやまぐち号」の5号車と乗客32人を消してしまう、という壮大なトリックに取り組まれています。西村先生らしい「歴史観」に溢れ、歴史の敗者の叫び声が、十津川警部の胸に響く物語でした。この本が先生の最後の作品となりました。新作がもう読めないかと思うと、淋しさを感じます。

▲一気に読み上げました

 SLやまぐち号の5号車と乗客32人が消えた。事件発生前、JR山口線を旅していた亀井刑事は、寺の住職から、ある現代女性が高杉晋作に綴った恋文を託されていた。十津川警部は、乗客名簿の中にアメリカ出身の会社経営者を発見した。この会社から身代金らしき2億円が何者かに渡されたことが判明。事件解決かと思われたが、乗客一人の遺体が発見される。十津川警部は、事件解決のヒントが、謎の恋文にあることを突き止めるが……。

 2022年3月3日に、91歳でご逝去された西村京太郎先生が、雑誌『オール讀物』紙面に、連載しておられた最後の長篇が刊行されました。この本が出来上がるまでの知られざる壮絶な創作過程は、ムック『西村京太郎の推理世界』(文藝春秋、2022年5月)に、「絶筆「SL『やまぐち』号殺人事件」の日々」として詳しく出ています。2021年12月から、神奈川県・湯河原町の病院に入院されていた西村先生は、病室でも相変わらず執筆を続けておられましたが、1月半ば過ぎから高熱を発し、意識が戻らなくなりました。それでも看護師さんが「先生、締め切りがもうすぐですよ」と声をかけると、一瞬だけ目を開けて頷くこともあったといいます。入院してからも、「退院したら何がしたいですか?」と問いかけられると、即座に「本が出したい」と答えられた、先生の旺盛な執筆意欲は衰えることがなく、常に気持ちはこの遺作『SLやまぐち号殺人事件』に向けられていたことが分かりますね。『オール讀物』(文藝春秋)への連載は第6章まででしたが、病床で死の直前まで書き続けられていた連載原稿の最終回が、お通夜の席で、担当編集者に手渡されたのでした。密葬で、棺の中に唯一納められたのは、『SLやまぐち号殺人事件』の最終回の一枚目のコピーと、それを納めるべく編集者が送ったB4サイズの封筒と、『オール讀物』編集部宛の着払い伝票、さらに愛用のどこにでも売っている市販のペンでした。これで先生も、天国から原稿を送ることができるでしょう。

▲西村先生の全軌跡がたどれる貴重なムック本

 「SLやまぐち号」では、客車の牽引には、C571が使用されます。SLマニアにとっては、たまらない蒸気機関車です。運行期間は、3月中旬から11月下旬までの土曜・日曜・祝日、ゴールデンウィーク・夏休みなどの繁忙期です。全席指定で1~5号車まで、欧風、昭和風、明治風、大正風、とレトロな客車となっています。今年5月に、石炭や水を積む車両の台車に長さ3センチの亀裂が見つかったために、JR西日本は修繕を行うために、現在はSLの運転を取りやめ、代わりにディーゼル機関車で客車を牽引する「DLやまぐち号」として運行をしています(今年度いっぱい)。現在用いられている35系客車は、国鉄蒸機の全盛期に活躍した、マイテ49形やオハ35形などの仕様や雰囲気を再現した車両で、2017年に新造されたものです。木材を内装に用い、編成端の展望デッキや、いにしえの1等車や3等車座席など、昭和初期の意匠が巧みに再現されています。3号車には、SL紹介展示や運転シミュレータなどを設置しています。「SLやまぐち号」の車内に関しては、この作品中、21ページから23ページに詳しく紹介されていますから、引用しておきましょう。

 「私が初めてSLやまぐち号に乗った時は、これとは、かなり違った列車だ
った
よ。客車は、同じく1号車から5号車まであったが、もっと重厚な感じで、
1号車
は展望車、2号車は欧風客車、3号車は昭和風客車、4号車は明治風客
車、5号車
は大正風客車とよばれていてね。やたらにシックなレトロ調を狙っ
ていたが、新
しい模型を見ると、レトロ調は同じだがずいぶん、すっきりして
いるね」と十津川
は、いう。
 「警部が乗られた頃のやまぐち号の客車は、古い客車の内装を改造したもの
だっ
たと思います。それが、車体も古くなってきたので、2017年に、全く
新しく、
35系というレトロな型の客車を製造したそうです。レトロ調だが、
新造客車で
す」
 「それで、全体が、すっきりしているんだ」
 「その上、1号車は、グリーン車にして、展望デッキもついて、定員も、他
客車よりも23人とかなり少なくなっています」
 「確かに、1号車以外は、座席も木製の昔風に作られていますね」刑事た
ちは
楽しそうに模型の車内を覗く。
 「1号車はグリーン車だけに、赤いソファも椅子も豪華だし、とてもゆったり
た造りだ」
 「2号車から4号車は、レトロ調で固い造りだが、紺色のシートと、木製の
枠や
テーブルがマッチしていて、シックだね」
 「5号車は、展望デッキが、やたらに広いね。1号車より広いね。私なら、1
車よりこっちに乗りたい」
 「その1号車は、外側に白い線が入っているな」
 「何ですか?この白い帯は?」
 「君たち若者は知らないだろうが、戦前の一等車には、白い線が車体に入っ
ていたんだよ」年長の亀井が、得意そうにいう。
 「他にもレトロ調だが、新しい便利な設備は、どの客車にも備わっているん
だ。例えば、5号車には授乳もできる多目的ルームが備わっているし、3号車
には、子ども用のゲームスペースもある」

 私は今までに、一度だけ、このSLやまぐち号」に乗ったことがあります。島根県立津和野高等学校に勤めていた頃、夏休みの学習合宿で山口市・湯田温泉の老舗ホテル「かめ福」を貸し切って、4日間生徒を缶詰めにして勉強に励みました(真夜中に「センター試験講座」開催!)。山口市から津和野へ帰る際に、初めて「SLやまぐち号」に乗ってみました。窓から煙は入ってくるは、座席は堅くて疲れるは、時間は特急「おき」の倍かかるやらで、あまりいい印象はありませんでした。その後、2017年には、SL全盛期の旧型客車を復刻したレトロな雰囲気の素敵な客車(1~5号車)に改装が行われたみたいで、乗り心地は改善しているようですが。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中