THE MAGICオールジャンル日本一決定戦

 去る7月30日(土)深夜、各ジャンルから超ド級の技を持つマジシャン達が集結して、己の技術とプライドをかけた禁断&前代未聞のマジシャン日本一決定戦が始まりました。「THE MAGIC オールジャンル日本一決定戦」―日本マジック界の夜が明ける番組でした。 

 古代から多くの人々を魅了してきた“マジック”。時は流れ、歴史に名を残す数々の天才マジシャンたちの画期的な発明により、現代のマジックは、数多くのジャンルに細分化されていきます。ところが、これまでジャンルの違うマジシャンたちに優劣をつけることは、長らくマジック界の禁忌(タブー)とされてきました。しかし時代は流れて令和の今宵、そんな日本マジック界の夜明けが訪れました。各ジャンルから超ド級の技を持つマジシャン達が集結して、ジャンルの垣根を越えた禁断のマジシャン日本一決定戦が開幕したのです!カードマジックVSイリュージョン?ステージマジックVSメンタルマジック?おのれの技術とプライドをかけた頂上決戦が、今始まりました。

 参加するのは、いずれも国内外で輝かしい実績を持つBirdie(バーディー)、才藤大芽、高重翔、DAIKI(ダイキ)、Ars(アルス)の5人のマジシャンたち。審査員はプリンセス天功、Dr.レオン、KiLaの大御所3人が務めました。演技構成、オリジナリティ、テクニック、ショーアップの各25点の100点満点で採点し、3人の合計点で優勝者が決まります。司会はバナナマンの設楽 統(49歳)と東海テレビの速水里彩アナウンサー。リアクター(観客)として、バナナマンの日村勇紀(50歳)、アンミカ(50歳)、夏菜(33歳)、なにわ男子の大西流星(20歳)が登場しました。

 お笑い賞レース(M1)や、格闘技イベントさながらの緊張感。審査員は誰もが知るベテラン・マジシャンたち!普段は見せない真剣な表情でガチ審査!披露される超絶マジックにアンミカ&夏菜も立ち上がって驚愕!なにわ男子・大西流星は“画伯”っぷりをいかんなく発揮!そしてバナナマンはなぜか抱腹絶倒!誰もが予想できない展開に!芸人におけるM-1グランプリのような、全てのマジシャンが憧れる新たな賞レースが生まれる瞬間です。 

 収録を終えた設楽は、「想像をはるかに超えていきました。普通に笑ってしまう楽しさもあり、ものすごいエンターテインメントを見られたという高揚感でいっぱい。ぜひ2回目も」と興奮気味。日村「ジャンルが違うマジックのいろいろな部分を見られました。最初から最後まで全部が見どころ」と感想を語りました。持ち時間5分の演技終了後に、司会者が出来映えを本人に直接尋ねてそれに正直に答えるという構成は、マジックの世界では新鮮に感じました。

設楽:とても楽しかったですね。マジックの番組ということで元々楽しみでしたが、想像を遥かに超えていきました。普通に笑ってしまう楽しさもありましたが、ものすごいエンタテイメントを観られたという高揚感でいっぱいです。

左から、バナナマン日村、才藤大芽。(c)東海テレビ

日村:ジャンルが違うマジックのいろんなものを観られたという興奮がありました。(審査員についても)プロ目線だと、ああいうところを見ているのかというね。俺たちのリアクションもマジックのひとつの演出に入るんだとか。プリンセス天功さんも全然違う目線で評されるから、そういう部分も聞けて、とても面白かったです。

設楽:大会なので、1人ひとりの設定時間が短い人もいれば、ちょうどいい人もいるんでしょうけど、でも僕はそこが逆に今回は見どころというか、面白く働いた要因だと思います。スタジオ内で5分という制限時間で、自分でアレンジしてくださいっていうのが面白かったのではと思いました。

日村:こういうマジックの大会を僕は知らなかったので、そこがまず単純にすごいと思いました。その中で、どれが一番すごかったんだっていう、これに尽きますね。

設楽:僕らもショーを観ている、参加しているぐらい楽しかったので、皆さんにもその雰囲気を味わってもらえればと思います。今回、本当に面白い、いい人選だったんですよ。ぜひぜひ観ていただきたいなと思います。

日村:いろんな種類のマジックってあるんだなと思いました。それぞれのどこを観ても面白いので、最初から最後まで全部が見どころです!

 審査結果は次の通りで、クロースアップ・マジックのArs(アルス)さんが優勝しました。


◎才藤大芽:生き物を操るステージマジック  253点
◎Birdie :人のイメージを読むメンタルマジック  253点
◎高重 翔:ストーリー仕立てのコインマジック  272点【2位】
◎Ars(アルス):仕掛けなしのカードマジック(水と油) 273点【優勝】
◎DAIKI:超スピーディ新時代のイリュージョン  266点【3位】


 演技後の審査員のコメントが実に面白かった。優勝したArs(アルス)さんの、KiLaさん評が以下のものです。♥♥♥

 正直、高重さんと差は無いんですよ。無いんですが、僕の中ではテクニックのオーディエンスマネジメント(観客をどうコントロールするか)がクロースアップマジックの強い所なんですよ。観客が参加することで、現象値がアップしますし、ショーアップの部分でもアップしちゃうんですよね。それが有利に働いたかなと思います。(Dr.レオンと二人して)『うめぇな……』ってボソッと。

 これに続いて、8月13日(土)には、「激突!次世代マジシャンGP2」が放送されました。コンセプトは、次世代マジシャンの真剣勝負ということで、Mr.マリックが厳選した若き6名の凄腕マジシャンが3名ずつA,Bの二つのブロックに分かれ、制限時間内で超絶マジックを披露しました。ゲスト審査員がもう一度見たいマジシャンを選びます。勝ち上がった2名で最終バトル(決勝)が行われ、次世代マジシャンNo.1が決定しました。ここでは、前番組で第3位だったDAIKIさんが優勝を飾りました。

 DAIKIさんは、国内外で数々の賞を受賞し、今メディアで最も注目されている若手No.1イリュージョニストです。年間300本のステージをこなす中で、テレビ番組から引っ張りだこの次世代イリュージョニストです。子どもの頃からずっとテレビで憧れ、影響を受けたマリックさんの番組でグランプリをいただけたことに、感極まっておられましたね。♠♣♥♦

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中