休むな!

 「皆勤」ってそんなにすごいことなんですか?とよく聞かれました。すごいことです。だから「推薦入試」などでも調査書に皆勤」とあれぱそれだけでずいぶんのポイントを稼げるのです。休まないのだから、一時間一時間の授業の積み重ねがあり、それが学業成績につながることは自明ですね。私の現役時代に生徒たちにいつも強調していたのは「休まない」ということでした。私が担任したクラスはいつも出席率がよかったのはそういうわけです。何よりも社会に出てから、こういう基本的習慣のついている人は重宝されることが分かっているからです。残念ながら、今の高校生は、ちょっと頭が痛いと、お腹が痛いと言ってすぐ休む。昨年の松江北高3年生でも、授業の度に毎回5,6人欠席しているクラスがありました。受験結果がひどかったことは言うまでもありません。本番を想定して「這ってでも出て行く」くらいの気構えでやって欲しいのですが(「練習は本番のように、本番は練習のように」が私の信条です)、もう時代遅れの考えのようです。このことは生徒だけでなく大人にも言えることです。ベネトン・ジャパンという上場の会社の取締役が、いいことを言っていました。これが成果をあげている会社における常識であろうと思うので紹介してみますね。

  部下にはいろいろ要求しますが、なかでも「絶対にこれだけは」というのは、朝、就業時間には必ず出社しなさいということです。上司たるもの「きょう、あの人にはこの仕事を、この人にはあの仕事を」と考えているものなんです。それが『きょうは体調不良で』とか「きょうは遠い親戚が死んで」とか言って遅れたり、休んだりする。こういう輩はあてにならないから仕事なんて頼めませんよね。だからとにかく「あてになる人材になりなさい。そのためには必ず時間通りに出社しなさい」と言っています。

 以前、島根県立大田高校理数科1年生を担任した時に、生徒達に一番強調したことがこのことでした。休むな。少々えらくても出てこい。一時間の授業を大切にしよう!」3年後にクラスの半分以上の生徒達が皆勤賞をもらい、学年では100人以上が皆勤賞の表彰を受けました。この年の進学成績が大田高校始まって以来の、国公立大学103人合格(それまでは40人~60人程度の合格者)という新記録を樹立したことも、このことと無縁ではないでしょう。最近の中学校の「無理をするな。えらければ学校を休め」という安易な指導には納得がいかない八幡です。少しは無理をしないと、大きなことは成し遂げられないでしょう。

  もう一つ、追加しておきましょう。私は現役時代は、朝の6時半に登校して、その日の授業の準備や教材の作成、生徒からの質問を受けていました。生徒たちには、「学校には余裕を持って登校しなさい」と強調していました。長い間教員をしていて、ジーッと先輩の先生方を観察をしていて気がついたことは、仕事のできる先生はみんな朝が早いんです。今日一日やるべき仕事の割り振りや準備の計画を余裕を持って立てておられました。始業時間ギリギリに駆け込んだりは絶対にしません。前任校のある先生が、異業種体験の企業研修として、一ヶ月間一般会社に派遣されて研修を積みました。研修初日に、いつものように8時30分始業時ギリギリに会社に出向いた所、社員全員がもうすでに慌ただしく働いており、恥ずかしい思いをしたといいます。上司が言うには「8時30分始業ということは、8時30分きっかりに全員が仕事に取りかかるということです。そのためにみんな早めに来て、あれやこれや準備をしているんです。学校の先生には、そんな基本的なことも分からないのですか!」とたしなめられた、といいます。教訓的な話でしょう?明日からは余裕を持って早く来ましょうね。

 あの巨人軍のV9を達成した偉大な川上哲治(かわかみてつはる)監督は、練習でも、何かの会合でも、列車などに乗る時でも、必ず30分前には集合するように選手に教育した、といいます。十時からの練習だったら9時半には集合する。旅行にしても、練習にしても、三十分前に集まっていれば間違いないということで、選手たちに必ず三十分前に一応揃うように癖をつけさせました。時間の中に自分の人生があるのだ、というように植え付けて、時間が命だと教育をしたといいます。当時は、三十分前集合を「ジャイアンツ時間」と呼んでいたそうです。団体生活では集合時間を守るというのは大切なことです。オーナーの正力さんの「巨人軍選手は紳士たれ」という言葉に象徴されるように、社会人としての訓練と教育、ものの考え方をきちんと指導していたのが、当時の巨人軍だったのです。だから強かった。今は…?♥♥♥

▲よく似ているでしょ?

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中