「萌黄の館」

▲「萌黄の館」

 「風見鶏の館」(かざみどりのやかた)のお隣をちょっと降りた西の奥に、大きな楠の木に囲まれた「萌黄の館」(もえぎのやかた)があります。まるでおとぎ話でも登場しそうな淡いグリーン(もえぎ色)の壁の家です。ミドリの木々に包まれたうぐいす色のおうちです。多くのドラマや映画のロケ地にもなっています(例:NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」)。正式には「小林家住宅(旧シャープ住宅)」と呼ばれ、国の重要文化財に指定されています。この建物は明治36年(1903年)アメリカ総領事ハンター・シャープ氏(明治19年から明治41年まで神戸総領事班館勤務)の邸宅として建築されました。木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウインドー(張り出し窓)を始め、煉瓦積の煙突、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど、贅沢な意匠が随所に見られます。17―18世紀のイギリスの植民地に多く見られたコロニアル建築様式(イギリス人建築家A.N.ハンセル設計)です。その後、昭和19年(1944年)に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅となりました。 昭和55年(1980年)に国の重要文化財に指定され、長らく「白い異人館」と呼ばれていましたが、昭和62年(1987年)からの修理で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されて、この名が名付けられました。明るく開放感たっぷりの2階のベランダからは、海や神戸港まで見渡せる素晴らしい眺望が広がります。昭和62年の改修工事で建設当時の淡いグリーンの外壁となりました。平成7年の阪神・淡路大震災で大きく壊れましたが、一年をかけて修復されました。落ちた西の煙突は落下した当時のまま庭に残されていました。当時の震災のひどさを想起させる貴重な資料です。

  食堂に置かれたピアノは、かつて20世紀半ばまでフランスを代表するピアノ製造会社だったエラール製の、現代ではとても珍しいものだそうです。優雅な雰囲気の応接室は、付言したオリジナルのバラの壁紙がみどころでした。2階に上がって、子供部屋・寝室・化粧室と部屋ごとに壁紙の色が異なっていました。暖炉も部屋ごとに模様の異なるものでした。幾何学模様のフレームが美しい開放的なベランダでは、多くの人が写真を撮っておられました。美しいベイ・ウィンドウ(張り出し窓)から、神戸の市街地が見渡せる素晴らしい眺望が広がっています。細部まで整った外観や、各部屋ごとの暖炉のマントルピースなど、格調高い意匠が豊かな空間を生み出しています。素敵な異人館でした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中