鉄道ザ・ラストラン

 (株)デアゴスティーニ・ジャパンは、毎号、鉄道の名列車・名車両のラストラン映像を収録したDVDが付いてくる、隔週刊『鉄道 ザ・ラストラン』(全75冊)を発売しました。惜しまれつつも姿を消していった列車や車両を、毎号1つずつ取り上げ、マガジンと映像で紹介・記録していくというシリーズです。私のような鉄道大好き人間にとっては堪らない企画ですね。今日、早速「創刊第1号 寝台特急北斗星」(390円)を買ってきました。A4変形で20ページ。創刊号特別価格は390円(税込)で、2号以降は1,190円(税込)。全75号を予定しており、全号揃えるには2年9カ月、88,450円(税込)ほどかかります。

 寝台特急「北斗星」0系新幹線電車489系ボンネット型車両など、多くの人々に愛され一つの時代を築いた名列車・名車両たちも、いつかは引退の時を迎え、惜しまれつつも姿を消していきます。そうした名列車・名車両の中から、毎号1つの列車や車両を取り上げて、マガジンとDVDに収録した映像で紹介・記録していく鉄道ファンには堪らないシリーズです。マガジンでは、その列車や車両の誕生から廃止に至る歴史と各種データを、貴重な写真と豊富な文章で詳しく解説し、毎号付いてくるDVDには、ラストラン運行時の模様や、車両の詳細や沿線各地の走行シーンなど、多彩な映像を収録しています。

  DVDには、ラストランを迎えた列車や車両の、ありし日の活躍シーンを豊富に収録しています。マスコミでよく話題になるラストラン時の駅でのお別れシーンや、沿線各地の撮影ポイントからのド迫力映像、駅での交換シーンまで、多彩な映像の記録を見ることが出来ます。また、マガジン内のDVDガイドコーナーでは、DVDに収められた数々の名シーンをハイライトで紹介し、チャプターごとに各シーンの背景や詳細など、DVDの見どころを詳しく解説しています。

  マガジン内の「ザ・ラストラン ヒストリー」 では、ありし日の 名列車 ・ 名車両が辿った、デビューからラストランに至るまでの軌跡を、貴重な写真と豊富な文章で詳しくご紹介します。マガジン内の「 ザ・ ラストラン データファイル」 では、車両の移り変わりや、略年表、最終列車の時刻表など、名列車や名車両にまつわるデータをが収録されています。第1号には、35年前の路線図がここによみがえり、国鉄最盛期である昭和57年の全路線を掲載した「国鉄路線MAP」が特別付録としてついていました。これは鉄道ファン必見の付録でしょうね。

 今日、たまたま本屋さんをのぞいたら、第2号「0系新幹線」(1190円)が入荷していました。とても懐かしい車両です。子どもの頃は新幹線といえば憧れの乗り物でしたね。流線型の初代超特急「ひかり」号です。2年前に「京都鉄道博物館」がオープンした際に、展示されていました。この第2号には特別プレゼントとして「DVD専用特製バインダー」がついてきました。毎号ついてくるDVDをこのバインダーが綴じておけば、ラストラン百科が完成します。次号(第3号)はブルートレイン寝台列車「富士・はやぶさ」だそうです。❤❤❤

▲京都鉄道博物館にて

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中